ごろごろ水(天川洞川温泉郷)は保存期間長く腐らない?茶屋や販売店も調査!







こんにちは、ダンチョーです。

帰れマンデーにでていた「ごろごろ水」とっても気になりますね!

C3POさん

宇梶さんも「こんな水飲んだことない」と絶賛していました。

芸能人のいつものおおげさな表現やろ~と思っていたら、検索してみると意外と結構人気で有名みたい。

そこで、「ごろごろ水(天川洞川温泉郷)は保存期間長く腐らない?茶屋や販売店も調査!」と題していろいろ調査してみました!

スポンサーリンク

ごろごろ水(天川洞川温泉郷)はどこで手に入る?

奈良県南部にある天川村は四方を山々に囲まれた自然豊かな地で、関西でも有数の避暑地として知られています。

目的のごろごろ水は、天川村ならどこでも手に入るってわけではありません。

天川村の中でもごろごろ水を採水できるのは洞川温泉(どろがわおんせん)近くの五代松の鍾乳洞となっています!

五代松の鍾乳洞の場所は?

洞川温泉へは近鉄吉野線「下市口駅」からバスに乗って「洞川温泉」まで行きましょう。(バスの時刻は奈良交通バス時刻表を参照ください)

電車だと、大阪市内から概ね2時間くらいでつきます。

自家用車で行く場合は山道をクネクネ曲がりながらになるので、大阪市内からだと高速道路を利用したとしても2時間くらいかかります。

ちょっとしたドライブにはなると思います( *´艸`)

西名阪自動車道から南阪奈道路へ入り、高田バイパスを経由してあとはひたすら下道を走ります。

採水場は、五代松鍾乳洞の真下にあるようです。

タンク持参で水くみに行く人がほとんどのようで、自宅での飲み水はここの水じゃないとダメという人もいるみたいw

美味しさに体が慣れてしまって、ほかの水は体が受け付けなくなっちゃうのかな( *´艸`)

ごろごろ水(天川洞川温泉郷)は保存期間が長いの?

水汲みに行くのはいいけど、気になるのはその保存期間ですよね。

要は、汲んだはいいけどいったいいつまで飲めるのか?っていう話です。

アミダラ女王
調べてみると、常温で3日、冷蔵で1週間との事。それ以上は自己責任でお願いします。

ごろごろ水(天川洞川温泉郷)は腐らない?

「ごろごろ水は腐らない」と言われていますが、どうしてでしょうか?

↓の表を見るとよくわかります。

身近にある酸化と還元
酸化 
酸素と反応すると 物がもえる・鉄がさびる・金のアクセサリーの変色・銅の腐食・食べ物の腐食。
体の酸素ということでは、女性にとって気になる「しみ・そばかす」も酸化といえ ます。
おできなどもそうです。
還元  
(1)たとえば錆びたクギを還元水につけておくと錆びは落ち、クギは黒くなります。
これは、クギが還元水によって還元されたからです。       
(2)酸素を運搬する役目をもつ血液は、赤い色をしています。         
これはヘモグロビン中に含まれる鉄原子が酸素によって酸化され、赤くなっているためですが、酸素の運搬をしない静脈の血液は黒い 色をしています。
静脈が青く見えるのはそのためですが、これなどは 血液が還元されているといっていいでしょう。
還元水 
「ごろごろ水」はカルスト大地のなかを長く滞留し大気と遮断されたなか、水中の溶存酸素によって有機物の分解をおこないます。       
溶存酸素は消費され、数百年滞留した水は石灰岩からのカルシウムを多く含有しph8.2の
アルカリ水(高い還元水)として湧きでます。       
酸化した水は腐敗していますが、還元水はその逆で、いつまでもさらさらした清々しい味わいを保っています。       
人体においては、活性酸素の活動をおさえる大きな作用があると、報告されています。

つまり、ごろごろ水には酸化したものを酸化する前の状態に戻す=還元する力があるアルカリ水なので、腐らないという事ですね!

ごろごろ水(天川洞川温泉郷)が飲める茶屋は?

ごろごろ茶屋で一服

ごろごろ水の採水場の横には「ごろごろ茶屋」という茶屋があります。

これだけ有名な美味しい水があるのですから、茶屋が無いのは逆におかしいですよねw

ごろごろ水を100%使用したコーヒーが頂ける店ですが、あくまでも茶屋でありそんなに期待以上の大層なメニューはありません( *´艸`)

ちょっとだけご紹介・・・

こちらはある方が頂いた名水コーヒーと葛餅、わらび餅です。

コーヒーは250円。

葛餅とわらび餅はそれぞれ300円です。

葛といえば吉野ですよね~

吉野といえば葛ですから、頂いておきましょう!

ほんのり甘いきな粉が体に染みる~と評判です!

ごろごろ水(天川洞川温泉郷)が買える販売店も調査!

ごろごろ水の採水はどこでできる?販売店は?

ところで、ごろごろ水って採水するのにお金がいるの?って思いますよね?

こちらのお水、実は実質無料なんです!

だって、天然に湧き出ている水ですからね。

ダースベイダーさん

でも、車で行ったら当然ですが駐車場代は必要になります。

何故なら、ごろごろ水の汲み場は駐車場も兼ねており、五代松の鍾乳洞の入り口前にあるからです。

駐車場代は500円。

採水場へは水を汲む目的の人が入ってください。

鍾乳洞が目的の場合は、採水場の向かいに別途駐車場がありますのでそちらをご利用くださいね。

知らずに入って、そのまま鍾乳洞の方へ行こうとしたら係りのおっちゃんに「車を移動してください」って注意された人もいるそうです。

あくまでも、駐車場は水汲みの人専用の駐車場になっていて、数にも限りがあるのでお互いに協力する必要があるみたい。

洞川名水である「ごろごろ水」は一応は湧き水なんですけど、みんなが水を汲みやすいように管理されています。

洞川財産区が管理していますが、看板にもあるように利用においては十分に留意くださいとありますね。

チューバッカ
つまりどういうことだってばよ?

ヨーダ師匠
どういうことかと言うと、駐車場代を含めその他施設での利用料などから周辺の山林管理費用を捻出してますからご協力くださいね~って意味です。

ちなみに、水汲み場ではこのような蛇口があります。

写真は持参した空きペットボトルに水を入れている様子です。

これが先ほどの駐車場代などから捻出して作られた蛇口なんです。

もしも、遠方で汲みに行けないし!!って人がいたら、ネットでも買えるので参考までにどうぞ。

話題のごろごろ水が格安で?20Lでいくらか確認してみる

最後に

いかがでしたか?

冬の水汲みは手が寒そう( *´艸`)

でも、冬のドライブも結構気持ちよいよね~

ここは水汲みと鍾乳洞が一緒になっているので、夏場は避暑地としても人気があります。

年間通して、涼しい鍾乳洞を散策した後に、茶屋で一服して、タンクにおいしい「ごろごろ水」を汲んで帰るのがお決まりのコースになるのではないでしょうか?

気になる人は、ぜひ行ってみてくださいね!

以上最後まで読んでいただきありがとうございました!