乾癬とアトピーの違いや見分け方は?初期症状(かゆみ)治療方法を調査!







最近寒くなり、花粉も飛び始めたので常に鼻水がズルズルの私です・・・

それに乾燥が原因か、お肌の乾燥や乾癬が悪化しています。

体中がとても痒くて辛い季節がやってきました・・・

ところで乾癬は皮膚に炎症や乾燥などがみられ、
アトピーと間違われることがあります。

しかし、乾癬とアトピーには症状やその特徴に違いがあります。

初期の状態であれば、なかなか素人では見分けがつきづらいですが、
少しでもその症状が乾癬なのか、アトピーなのか判断しやすいように、
それぞれの症状などをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

乾癬とアトピーの違いは?

乾癬は

乾癬は体質や遺伝的要因に加えて、肥満や暴飲暴食などの生活習慣、
ストレスや感染症などが原因で起こる病気です。

 

【症状】
皮膚の表皮細胞が異常なスピードで増殖を行うことで、赤い発疹が起こり、
その上に銀白色のフケのような皮膚の角質がのります。
この症状だけで済む人がほとんどですが、
中には関節炎を併発したり、ときには関節の変形にまで発展することもあります。
また、まれに発熱なども伴う場合もあります。

 

【特徴】
乾癬の特徴の1つは症状が出やすい場所にあります。
乾癬は主に摩擦による刺激を受ける場所に多く症状がみられます。


膝や肘、頭皮などが症状が出やすい場所です(私もほとんど該当します)


一見すると頭皮は摩擦などなさそうに思えますが、髪の毛が伸びるときに毛髪が頭皮を擦るので、摩擦が生じてその刺激を受けます。


乾癬は顔に症状が出ることはあまりありません(あまり摩擦が無いので)

 

乾癬はなかなかしつこい病気なので例え一度良くなったと思っても
また悪化してしまったりを繰り返す病気です。


ただ、特徴としては毎回同じ場所に症状が出るということです。
もし毎回違う場所に症状が出るという場合は乾癬ではないのでは?と疑う必要があります。

 

乾癬の場合はかゆみを伴わない場合もあります。


C3POさん
また、乾癬は他人には感染しない病気です←ここ重要
皮膚に触れたり、一緒に入浴すること、プールに入ったりしても感染はしません。

アトピーは

アレルギーを起こしやすい体質のことです。

それに加えてハウスダストやダニなど環境的なものが原因となってアトピーはさらに悪化してしまいます。
また、家族にアレルギーの人がいることも関係し、遺伝的な要因も大きいとされます。

 

【症状】
赤みを帯びた湿疹やぶつぶつとした湿疹、水分を含んだジクジクとした湿疹、
しこりのようにゴツゴツした湿疹などがアトピー性皮膚炎の症状です。

 

また、痒みが我慢できずに掻くことによって皮膚が厚くなってしまい、かさぶたができることもあります。
症状が重症になり、皮が剥けて落ちることで、症状が更に悪化してしまうことがあります。

 

【特徴】
アトピーはの特徴としては、幼児の頃に発症し、
大人になっても治りづらいということです←マジ最悪( ;∀;)

 

また、アトピーの場合は乾癬とは違って皮膚の柔らかい場所に
症状が出ることが多いのも特徴です。
乾癬の場合は顔にはあまり症状がでることがありませんが、
アトピーは顔に症状が出やすい病気です。
もし顔にも湿疹などの症状が出ればアトピーの可能性を疑ってください。

 

アトピーの場合、かゆみががあり、掻くことで更に症状が悪化してしまいます。

【アクアゲルマジェル】っていう保湿ジェルが今注目されているみたいです

乾癬とアトピーの見分け方は?

乾癬、アトピーともになかなか完治しづらい病気です。


その症状は乾癬なのかアトピーなのかをきちんと病院で診断してもらい、
病気に合った治療を焦らず継続して行っていく必要があります。

 

また、子供の場合、フケのような皮膚の角質があまりついてないことが多く、
なかなか乾癬とアトピーの違いを見分けることが難しいので、
皮膚に何かしらの症状が出れば必ず病院を受診してください。

決して自己判断で「大丈夫だろう」とか「この軟膏を塗っておけば大丈夫」などと判断しないことです!

乾癬の初期症状やかゆみは?

紅斑、銀白色のフケのような粉の他に
ぶつぶつができる場合もあります。

また、乾癬の症状が出ている部分と
出ていない部分の境目がはっきりとわかります。

症状が出ていない部分を掻いたりすることで、
乾癬の症状が広がってしまうことがあります。

痒みがある場合と無い場合があり、そこは個人差があるといわれています。

私の場合は激的に強い痒みに襲われて、イライラしたり掻きむしったりすることでさらに酷くなるという悪循環を繰り返しています・・・( ;∀;)

乾癬の治療方法を調査!

残念ながら、特効薬的な一発で治る治療法はまだ見つかっていないみたいです。

しかし、適切な治療を行うことで、乾癬の症状が現れないようにすることは可能です。快適な生活を送るためにも、乾癬を理解し、生活習慣への配慮と適切な治療によって乾癬をコントロールしていきましょう。

乾癬は慢性の疾患であるため、良くなったり悪くなったりを繰り返し、その治療は数十年に及ぶことも少なくありません。

ってことは一生付き合っていかねばならない病気とも言えます。

同じ治療をしていても、そのときの体調や環境などの違いによって再び悪くなってしまうこともあります。

なので日ごろから食生活に気を付けたり適度な運動をしてストレス発散をしたりすることが重要です!

お肌の保湿はアレルギー体質の人には必須ですよね。

最近はこんなのが売れてるみたいなので気になる人は見てみると良いかもです。