舌癌の初期症状は痛い?原因(対策)や口内炎との違いと写真(画像)を調査!







こんにちは。ダンチョーです。

堀 ちえみさんが舌癌のステージ4を公表して、ニュースになりましたね。

彼女の人生、なかなかハードモードで、踏んだり蹴ったりな部分もありますが、「人生悔いなし」と強く語る彼女からは、やりきった感を感じます

そして家族の為に生きねばならないという決意をして、闘病をしている堀さんの姿に勇気をもらった方も多いのではないでしょうか?

今回は気になったので、「舌癌の初期症状は痛い?原因(対策)や口内炎との違いと写真(画像)を調査!」と題していろいろ調査してみました!

スポンサーリンク

舌癌の初期症状は痛い?

初期症状としては痛みを感じないことが多いようです。

口内炎が日ごろからできやすかったり、口に出来物がある人は勘違いをしやすく、実際は舌癌なのに気づかなかった・・・なんていうケースも結構あるみたいです。

痛みが無いと、なかなか病院に行かないし、早期発見とはいかないのかもしれませんね~(;´Д`)

舌癌の初期症状はどんなものがある?

ほとんどの場合は、肉眼で確認できるレベルの症状があるみたいです。

舌がんの初期に見られる症状は、

  • 舌に白い膜が張ったようになり、その膜が剥がれにくいという場合

  • 表面の皮がこすれたように赤くなっている、あるいは隆起している

  • 小さなしこりがある

という場合があります。

特に舌が白くなっている白斑症はその一部が、がんになる前段階であることもあります。

白斑病変は周りに比べて白っぽくみえる部分ができることがありますが、必ずしも「白」ではなく、あくまでも「周りよりも白っぽい色」と考えると良いでしょう。

他にも口内炎のような潰瘍も慢性的に続いている場合には舌がんの初期症状であることがあります。

歯医者にムシ歯の治療で行っていて偶然見つかった!とかいう場合もあるみたいなので、日ごろから口内のメンテナンスやチェックは欠かさないほうがよさそうですね!

舌癌が進行するとどういう症状が出る?

舌がんが進行すると、

  • 持続した痛み

  • 出血

  • 口臭が強くなる

ことがあります。

舌がんの中には、比較的早い段階から舌の近くにある別の臓器

(首=頸部リンパ節など)に転移し、急速に悪化していくタイプのがんがあります。

今回の堀さんのがんがまさにコレで、すでにリンパに転移しているみたいです。

舌癌の原因や対策はある?

原因は

  • 喫煙

  • 飲酒

  • 齲歯(虫歯)

  • 合わない義歯の長期間装着による慢性的な粘膜刺激

などが、主な原因になると考えられています。

さらに、口腔内には「白板症」と呼ばれる、「口腔粘膜に生じた摩擦によって生じた、白色の板状(ばんじょう)あるいは斑状の角化性病変」ができることがあります。

これは簡単にに除去できるものではなく、放置していると「がん化しやすい」ものです。

この白板症が出来ている場合、正常な粘膜と比べてがんになる可能性が高いため、十分な注意が必要です。

白板症の原因も、喫煙、飲酒、齲歯(虫歯)で欠けた歯や合わない義歯の長期間装着による慢性的な粘膜刺激である、と考えられています。

予防法は?

禁煙すること

節度ある飲酒を心がけること

が最も効果のある予防法といわれています。

また

虫歯の治療や

義歯の調整をして口腔内の環境を調整すること

も、舌がん予防には有効です。

舌癌と口内炎との違いは?

違いは下記の写真を見れば一目瞭然です。

全然違います。

口内炎

このような口内炎、出来るとテンションさがりますよね~。
口内炎ができるととても痛くて1週間ぐらいは食事も食べにくいですが、口内炎用のステロイドの軟膏を処方してもらうと、比較的早く治ります。

市販の口内炎用の飲み薬なども結構効きます(私の場合は)

口内炎

右舌縁

口内炎

右頬粘膜

 

白板症

 白板症は、白色の板状ないし斑状の病変であり、時々触るとザラザラした感じになることもあります。

「前癌病変」に分類されており、白板症の約1割ががんになるといわれております。

治療方法は手術で切除するのが一般的ですが、病状によっては定期的に経過観察する場合もあります。

白色病変が拡大したり、色が濃くなったり、糜爛を形成する場合は要注意です。

白板症

左舌縁部

白板症

右頬粘膜

引っ越ししたらネットを引こう!

どうせネット契約するならお得な所が良いよね!

口腔がん

粘膜の表面がデコボコと腫れ上がったり,潰瘍ができたり、違和感を感じたら要注意!

特定の粘膜を傷つけている歯があれば、歯の治療をします。

炎症があれば薬で消炎しますが、それらの治療をして2週間以上たっても症状が改善しないときには「がん」を疑います。

では、「口腔がん」の典型的な症例をお見せしましょう(グロ注意)

舌がん

右舌縁

舌がん

左舌縁

【舌がん】

頬粘膜がん

左頬粘膜

頬粘膜がん

右頬粘膜

【頬粘膜がん】

左上顎大臼歯部歯肉

左上顎大臼歯部歯肉

左下大臼歯部歯肉

歯肉がん

【歯肉がん】

左上顎大臼歯部歯肉

【口底がん】

左下大臼歯部歯肉

【硬口蓋がん】

うえ~

テンション下がりますね・・・

でも、こーゆーのを見て日ごろから自分の口の中は大丈夫かな?と注意してみていれば、何か異変があった時にすぐに気づいて早期に治療が開始できるので

勇気を出してみておいてくださいね!

舌癌の写真(画像)は?

なるほど~グロいw

でも、ガンっていうくらいだから結構な覚悟は必要だよね。

最後に

いかがでしたか?

日ごろから自分の口の中に興味を持ちましょう!

そして、常に口内炎に悩まされている!とか、歯並びが悪くて常に口の中に傷がある!とかいろいろ思い当たる人は特に気を付けて!

早期発見、早期治療が出来れば、生存率もそれだけ上がるから!

以上最後まで読んでいただきありがとうございました!