JOC新会長に山下泰裕氏就任!柔道家で身長は高い?連勝記録と最強伝説がスゴイ?







6月末の任期満了で退任する日本オリンピック委員会(JOC)の竹田 恒和会長(71)の後任として

全日本柔道連盟会長の山下泰裕常務理事(61)が就任する見通しとなったそうですね。

新会長の任期は7月から2年間となっていて、JOCは山下会長のもとで2020年東京五輪を迎えることになります。

日本の命運を握ると言っても過言ではないので、責任重大ですね!

そんな山下さんですが、どんな人だったのか検索すると、なんと「最強の柔道家」と出てくるではないか!!

実はスゴイ人だったんですね(←失礼w)

気になったので彼の最強伝説や連勝記録などについても調べてみました!

スポンサーリンク

JOC新会長に山下泰裕氏就任!プロフィールは?

  • 名前:山下 泰裕(やました やすひろ)
  • 生年月日:1957年6月1日
  • 出身:熊本県
  • 血液型:A型
  • 学歴:東海大学 卒業
  • 身長/体重:180cm/128kg
  • 段位:八段
  • 引退:1985年6月17日

山下氏は熊本県出身で、1984年ロサンゼルス五輪の柔道無差別級で金メダルに輝きます。

同年10月に国民栄誉賞を受賞もしている!

1985年の引退後は国際柔道連盟理事などを務めていました。

JOCでは2013年に理事に就任し、17年から選手強化本部長を務めています。

クリーンなイメージで国内外に人脈が広いことから、今回白羽の矢が立ったそうです。

山下 泰裕さんの経歴は?

1977年4月 全日本柔道選手権初優勝。以降、85年まで9連覇

79年12月 世界選手権95キロ超級で初優勝

84年8月 ロサンゼルス五輪柔道無差別級で金メダル

84年10月 国民栄誉賞を受賞

85年6月 現役を引退

96年4月 東海大学教授に就任

2003年9月 国際柔道連盟(IJF)理事に就任

06年4月 神奈川県体育協会長に就任

13年6月 日本オリンピック委員会(JOC)理事に就任

15年8月 IJF殿堂入り

17年6月 全日本柔道連盟会長に就任

17年7月 JOC常務理事に。選手強化本部長にも就任

“見た目を変える”化粧水

JOC新会長就任の山下泰裕氏は元柔道家で身長は?

ガタイの良い柔道家と並んでも、しっかりした存在感wwさすがww

握力強そうww

ところで、人は年を取るごとに身長が縮んでいきます・・・

なので山下さんの全盛期の体つきをご紹介します。

調べてみるとなんと、身長180cm、体重128㌔くらいとの事

アミダラ女王
やば・・・恵まれた体格ですね!

日本人離れしてるというか、体格の大きな外国人にも負けなかった理由が分かりますね!

力負けしない体格と、柔道の確かな技術が備われば・・コレ最強!




ユー 毛穴×シリーズ

JOC新会長に山下泰裕氏連勝記録がハンパない??

山下さんが残した連勝記録が半端ないんです。

その衝撃の成績がこちらです!

  • 1984年 ロサンゼルスオリンピック金メダル(無差別級)
  • 1979年 パリ世界選手権 金メダル(95kg級)
  • 1981年 マーストリヒト世界選手権 金メダル(95kg級)
  • 1981年 マーストリヒト世界選手権 金メダル(無差別級)
  • 1983年 モスクワ世界選手権 金メダル(95kg級)
  • 引退から逆算して203連勝(引き分け含む)
  • 対外国人選手には生涯無敗(116勝無敗3引き分け)

皆さんは最強の柔道家というと誰を思い浮かべるだろうか?

オリンピック3連覇の野村忠宏さんや、あるいは女子なら谷 亮子さん(ヤワラちゃん)の名前もあがるかもしれませんね。

でも、やはり山下泰裕さんの名前は外せないだろう。

公式戦203連勝にオリンピック金メダル。

公式戦で203連勝という記録は前人未到であり、塗り替えられることのない偉大な記録として残っています。




現金がどんどん貯まるオンラインモール

JOC新会長に山下泰裕氏就任!柔道家としての最強伝説は?

1984年に山下さんはロサンゼルスオリンピックの代表に選出されました。
念願だったオリンピック。

気合を入れて試合に臨んだのだが、2回戦でハプニングが発生します。

右足の肉離れを起こしてしまったんです。

でも怪我をした状態でも、決勝まで進んで金メダルを取ります(←どんだけーww)

その後はケガの治療に専念するも結局足が完治せず、28歳という若さで引退を決意。

しかしすごいのは、大学2年生(1978年)の10月に全日本学生選手権で敗退して以来7年間1度も負けなかったということです。

7度の引き分けを挟む203連勝を記録

とりわけ外国人選手に対しては116勝0敗3引き分けと無類の強さを発揮しました。

通算成績は528勝16敗15分け。

いまだ世界史上最強の柔道家であるという声も多いほど、圧倒的な強さを誇っていたので驚きです。

最後に

今回のJOCの人事は、常務理事からの昇格となります。

これまでにも、日本スポーツ界の発展に尽力されてきた方ですから、むしろ適任というかスムーズな決定であるという印象すら受けます。

会長職就任の際にはマスコミからも注目されそうですが、東京オリンピック・パラリンピック成功のために頑張っていただきたいですね。

応援しています!

以上最後まで読んでいただきありがとうございました