水沢アリーの父親と母親は?国籍や生い立ちは?フランス語がペラペラって本当?







テレビ朝日系で放送中の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(毎週月曜 深0:20~0:50)ってすごく面白い番組ですよね!

かつて“第2のローラ”としてブレークした水沢アリ―さんですが、“顔もキャラも大うそ先生”として教壇に立つ予定です。

 

顔もキャラもってことは・・・顔は整形でキャラは作っていた(演技)ってことになるのでしょうか?

まぁ、芸能人なのでそんなの普通じゃない?って冷めた目で見てるのは私だけでしょうか?w

現在、28歳のアリーさんは2013年の大学2年のとき、“華やかな顔立ち”と“先輩にタメ口で噛みつくキャラ”で大ブレークしました。

その後は、“第2のローラ”としてバラエティー番組で引っ張りだこの存在となりましたね。

しかし、今回の授業で、そうやらデビュー1週間前にファッション感覚で目を整形していたことを、あっさりカミングアウトしちゃうみたい。

しかも、“噛みつきキャラ”や“おバカキャラ”は、すべて“売れるために作った大うそ”だったことを激白するという事なので大注目ですね。

ただ今回は、水沢アリーの父親や母親はどんな人だったのか?その国籍や生い立ちについて調べてみました!

スポンサーリンク

水沢アリーの父親と母親は?

父親は

調べましたが、あまり情報はありませんでした。でも父親の仕事の関係で水沢さんは5歳半までフランスで過ごしたという事なので

海外と日本を行き来するような仕事をしていた・・・?可能性がありますね。

当時の父親は会社を経営していたそうで、幼少期の水沢アリーさんは
裕福な暮らしをしていたとのこと。

しかし日本に帰国してから会社の経営が傾いてしまい水沢アリーさんの家は貧乏になってしまったそうです。

それがきっかけで水沢さんは芸能界入りを決断したとか・・・

また、2018年の7月に53歳で亡くなっています。

最愛の父を27歳で失うとは・・・悲しいですね・・

母親は

母親についてはさらに情報がすくなくて分かりませんでした~

何かわかったら追記します。

水沢アリーの国籍や生い立ちは?

国籍は日本国籍みたいですね。

水沢アリーという名前は外国籍っぽいですが、それは彼女が決めた芸名でした。

名前に「水」の字が入っていると演技が良いっていうのと、幼少期から「アリ」が好きで、「アリのように忙しく芸能界で働きたい」という

想いから水沢アリーという名前にしたようですね。

単純なんだか深いのか・・いや単純ですねw

生い立ちは

水沢アリーさんによれば外国の血が入っているのは
「8分の1ほど」とのこと。

水沢アリーさんのご家族の
どなたが外国の方なのでしょうか?

調べてみたところ、水沢アリーさんの曽祖父が
ドイツの方だそうです。

なので少しは外国の血が入っているという事は間違いなさそうですね!

水沢アリーのはフランス語がペラペラって本当?

調べてみると、分本当って感じですかね・・・

ペラペラほどではないけれども、なんとなくの日常会話程度は話せるっていうレベルみたい。

実は水沢アリーさんの曽祖父がドイツ人で、水沢さんの父親の仕事の関係で生後5歳半くらいまではフランスのリヨンという街に住んでいたそう。

幼少期って頭が柔らかくていろいろな物事をすごく吸収する時期なので、その時期にちゃっかり覚えてしまっていたのかもしれませんね!

動画も見つけました!

でも「流暢ではない」とか「言葉の使い方がおかしい」「カンペをみてる」

などの反応もあったので、そんなに完璧ってわけでもなさそうでした。

でも、フランス語を何となくでも話せればそれだけで十分スゴイと思うのは私だけ?