豊田利晃監督が結婚した妻は?在日で新井浩文との関係は?出身や経歴は?







映画監督が逮捕されたってことで「一体何をしたのっ?」って感じですが

なんと本物の拳銃が自宅で見つかったことが原因で銃刀法違反での逮捕なんだそうです。

どうして持ってたんでしょう?( *´艸`)

誰から身を守る為に所持していたのでしょうか?なんかヤバイ人から追われていたのでしょうか?w

4月18日に家宅捜索をされた際に今回の拳銃は見つかったそうなんですが、その経緯はというと

2005年に薬でも一度捕まっていたんです・・・

もしかしたらそういう過去があったのでそれ関係での家宅捜索したら

思わぬ物が出てきてビックリって感じでしょうか・・・

いろいろツッコミどころ満載なので「豊田利晃監督が結婚した妻は?在日で新井浩文との関係は?出身や経歴は?」と題して

いろいろ調査してみました。

スポンサーリンク

豊田利晃監督が結婚した妻はいる?

豊田利晃さんについて、こんな逮捕のされ方をしたら家族は大変だろうと思います・・・

そこでもう既に結婚をされているのか気になったので少し調べて見ました。

あのピエール瀧さんも、結婚をされていてこのような騒動になった時に、離婚されるのではないか?というような話が出ましたよね・・・

もし離婚ってことになると財産分与などの兼ね合いもありますし、有名人や芸能人ですと、離婚とか慰謝料というような話がやはりついてまわります。

そこで、豊田利晃さんも結婚していると同じようなことになる可能性が高いので、少し気になってはいたのですが…

結婚したと言う事や、嫁さんの話などが一切ありませんでした。

勿論子供についての話もないので、2005年にも問題を起こした時に、まさか離婚されているのではないか?

と少し調べて見ましたが、そのようなことも無いようで…

結果的に結婚をしていないのではないかという結論に至ってしまいました・・・以外だなw

豊田利晃監督は在日で新井浩文との関係はある?

関係というか、映画監督と俳優という関係性は結構深いようです。

新井 浩文さんが出演する作品を複数手掛けていた豊田さん・・・

新井浩文さんは映画『青い春』に出演。その時の監督が豊田利晃さんですね。

また、2人でトークショーをするなど親密な関係が伺えますが、新井浩文さんはすでに逮捕されており、豊田利晃さんも逮捕なんでなんだか切ないですね。

豊田さんは「青い春」にて主人公・九條の幼なじみ青木役に新井を起用した経緯を「いろんなところから『青木役をやりたい』という声は上がっていたんですが、全部跳ね飛ばして新井さんにした」と明かし、「映画的には(松田)龍平と対照的な雰囲気がいいなと思って」と話していました。

豊田さんとキャストが頻繁に交流していると明かした新井さんは「“豊田組”は絆が深いと思います。男同士、みんな仲良いんです」と説明しています。

キヅナが深いってことは、仕事以外でもアンなことやコンなことをして、キヅナを深めていたんでしょうかね~なんて

変に勘ぐっちゃいますね!

豊田利晃監督の出身や経歴は?

豊田さんの出身は大阪です。

そして、子どものころは将棋棋士を目指していた豊田利晃さん。

9歳で関西奨励会に入会しましたが、同時期に関西奨励会員であった村山聖さんや佐藤康光さんらの才能を見て自らの限界を悟り、17歳の時に自ら退会したという異例の経歴の持ち主です。

その後、鉄工所勤務、フリーライターなどの職を経て、21歳の時に助監督として映画界に入り、その3か月後に書いた『王手』(1991年公開、監督:阪本順治)の脚本が一発で採用され、才能を認められた人物でもあります。

将棋の世界にいたのも凄いですが、将棋を辞めてからわずか4年で脚本が一発で採用されるとは、その才能の凄さが半端ないっていうエピソードですね。

その後更に快進撃は続き、「ポルノスター」や「アンチェイン」、「青い春」などのヒット作を次々と発表します。

ところが、2005年に覚醒剤所持で逮捕。

そして復帰した2009年からまた映画監督業に力を入れ、「蘇りの血」で映画監督復帰。

2019年には将棋映画『泣き虫しょったんの奇跡』が公開されています。

しかし今回の逮捕で、泣き虫しょったんの奇跡の興行収入はガタ落ちするのではないか?と噂されています。

最後に

今回の逮捕劇で、一気に有名人になった豊田利晃監督。

作品自体に罪は無いとは言うものの、やはり世論との戦いになるとは思いますが、作品は一体今後どうなるのでしょうか?

普通に考えると、この作品1つにも、何だか色々と利権もあるはずなので、反対に様々な作品が公開自粛やまたはレンタル中止などになったりすると、損をしてしまう人もいるとは思うんですよね。

となると、豊田利晃さんはその損についてやはり賠償責任などを負わなければならないのでしょうかね。

監督復帰の可能性はあるかもしれませんが…

今までの作品はとりあえずはお蔵入り?したりするのかもしれませんかね。

今後の動向に注目です!