ライザップ松本晃が取締役を退任する理由は?経営者としての経歴や実績を調査!







ダイエットジムなどを展開するRIZAP(ライザップ)グループは4月24日、プロ経営者として知られる松本晃氏が構造改革担当の取締役を退くと発表しました。

松本さんは6月22日付で特別顧問となり、事業への助言活動は続ける方針との事。

またライザップグループは併せて、新たに住友商事元副社長でSCSK相談役の中井戸信英氏が取締役会議長に就く人事を内定したそうです。

最近業績が悪化したという事で不採算事業の整理を行っていた松本さんでしたが、一体どういう理由で取締役を退任するのでしょうか?

調べてみました!

スポンサーリンク

ライザップ松本晃の簡単プロフは?

1947(昭和22)年 7月 20日 生

RIZAPグループ株式会社 取締役

京都大学農学部修士課程卒業後伊藤忠商事に入社。
センチュリーメディカル株式会社取締役営業本部長(100%伊藤忠商事(株)出資会社、ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル(株)エチコン エンドサージェリー事業本部代表取締役事業本部長、ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)代表取締役社長、同社最高顧問を経て2008年6月カルビー株式会社代表取締役会長兼CEOに就任。2009年6月就任以降現在に至るまで8期連続で増収増益、東証一部上場を果たし、2018年6月20日付にてCEO退任後、現職に至る。

かなりスゴイ人だったんですね。

優しそうな良い人っポイけど。。。中身はバリバリの仕事人なのでしょうね!

松本晃さんが取締役を退任する理由は?

プロ経営者として名高い松本さん。

そんな彼が今の安定した立場を放棄するというか捨てるというか、そんな選択をするのにはどんな理由があるのか気になりますよね!

松本晃さんが取締役を退任する理由は

松本さんは昨年6月、瀬戸健社長に請われてライザップグループの代表取締役最高執行責任者(COO)に就任していました。

しかし、買収企業の業績不振が原因で平成30年4~12月期の連結最終損益が81億円の赤字(前年同期は52億円の黒字)に転落したことから、COOを外れ、不採算事業の整理など事業構造改革を進めていました。

そして今年1月には代表権も返上していたが、今回、事業構造改革に一定のめどが立ったとして、取締役の退任を申し入れたという事です。

C3POさん
やることはやったからもう退任するね、あとは任せたよ。
って感じでしょうか?

ライザップ松本晃の経営者としての経歴は?

ライザップグループは、2021年3月期の連結売上収益3000億円、営業利益350億円の目標達成、「成長基盤の一層の強化」「ヘルスケア分野への本格展開」「海外への本格進出」の基本戦略実行を確実なものとし、その後の継続的で飛躍的な成長につなげるために新経営体制に移行することになりました。

新経営体制では、瀬戸氏が、グループ全体の代表取締役社長兼CEO(最高経営責任者)として経営全般を統括しながら、さらなる成長の加速に向けて、特にRIZAP関連事業の経営とM&Aを含め全体の経営戦略の策定・実行に注力することに。

松本氏は、グループを構成する事業群全体のCOO(最高執行責任者)として、全体の経営戦略のもと、業務執行全般を統括するとともに、グループの既存事業(RIZAP関連事業を除く)の経営を担当します。

長年にわたる経営経験と複数の企業を大きく成長させた実績を活かし、M&Aにより当社グループ入りした企業の経営改善を現在よりもさらに加速させることになっている様子。

本当にスゴイ人なんですね!