経産省キャリア官僚逮捕の泳がせ捜査とは何?代替物の所持の確認方法が気になる!







また日本の闇が露呈するニュースが飛び込んできましたね・・・

麻薬密輸の容疑で今回逮捕されたのは、経済産業省製造産業局、自動車課課長補佐の西田哲也容疑者(28歳)で、

経産省のキャリア官僚とみられています。

国際郵便でアメリカから到着した不審な荷物があり、税関で調べたところファッション雑誌のページの間から、粉末が入った袋が見つかり・・

その郵便物を受け取りにきたところをまんまと現行犯逮捕されたという、西田哲也容疑者。

おいおい・・・何やってんだか・・・

28歳で「経済産業省の課長補佐」という役職についていたという事なので、キャリア組の中でもエリートコースまっしぐらと

思われる西田課長補佐、

西田哲也(経産省キャリア官僚)の逮捕につながった「泳がせ捜査」とはなんだったのでしょうか?

代替物にすり替えていたとの事ですが、何にすり替えていて、どうやって確認しているのか気になりました!

少し調査してみました!

スポンサーリンク

経産省キャリア官僚逮捕の泳がせ捜査とは何?

泳がせ捜査って一体何だってばよ??

何となくこんな捜査なんじゃないかな~とイメージはできますが、「説明して」と言われると難しいですよね?

そこで調べてみると、泳がせ捜査とは、

「違法薬物や拳銃の取引情報を得てもすぐに逮捕せず、流通経路を割り出して密輸グループの摘発をめざす捜査手法。薬物については1992年に麻薬特例法が施行され、使えるようになった。薬物などを偽物にすり替える「クリーン」と、そのまま犯人側に所持させる「ライブ」がある。犯人が所持するのが偽物であっても、薬物犯罪を犯す意思をもって取引すれば検挙できる。」

というものらしいですね。

すげ~なんか映画とか刑事モノのドラマでやってそう!

ってか、現場で実際にやっている捜査方法が映画とかドラマに活かされているわけで、そういう手法もあるってことですね!

そのうちドラマとかでパクられそうな気がするw

経産省キャリア官僚逮捕時に、代替物とは何?

ダースベイダーさん
今回の代替物=すり替えられたものは、「岩塩」なんじゃないか?と予想されます。

その根拠は、過去にも同様に麻薬の密輸に関してこの捜査方法で逮捕につながったケースがあるからです。

例えば・・過去にはこんな事例が

県警薬物銃器対策課や横浜税関などは覚醒剤約17キロ(末端価格約11億9千万円)を米国から密輸したとして、麻薬特例法違反(所持)の容疑で、住吉会系の暴力団幹部、嶋津信容疑者(49)=東京都三鷹市=を逮捕したことがあります。

嶋津容疑者らは東京・足立区の駐車場で、乗用車の中に末端価格で12億円相当の覚醒剤およそ17キロを隠し持っていた疑いで逮捕されました。

ただ、この容疑者が持っていたのは「岩塩」だったそうです。なぜならすでに税関がこっそりすり替えていたからwww

暴力団幹部の男らが、12億円相当の覚せい剤とすり替えられた岩塩を、気がつかず所持していた様です・・・( ;∀;)

横浜港の輸入車の中に覚醒剤が隠されているのを税関が発見し、中身を岩塩に変えていわゆる「泳がせ捜査」をしており、

中身をすり替えて密輸品の行方を追うクリーン・コントロールド・デリバリー(CCD)を県警と合同で行い、7人の関与を確認したそうです。

すり替えた岩塩を、自分たちが密輸した覚醒剤だと認識して所持するなどした疑いで逮捕につながりました・・・

クリーン・コントロールド・デリバリーが実施された場合には、配達された貨物には覚せい剤などの薬物は入っていないので

覚せい剤取締法などではなく、麻薬特例法違反(8条)容疑で逮捕されることになります。

経産省キャリア官僚逮捕時に、代替物の所持の確認方法が気になる!

今回はまだ報道での情報が少ないのでまだわからない部分も多いですが・・・

今回問題になっている郵送物を受け取っただけで、中身を開封して使用したかどうかはどうやって警察にわかるのでしょうか・・・

チューバッカ
監視カメラとか、追尾装置とか何かつけていたのかな~?

それとも、郵便配達員に返送した警察職員がその場で現行犯逮捕したのかな?

いづれにしても、すごいですね!

マジでドラマみたいww

最後に

今後の続報が気になりますね・・

おそらく西田さんは懲戒免職処分は免れないでしょう・・・

せっかく出世コースにいたのに・・・

メシウマ・・・じゃなかった、残念ですね~( ;∀;)

経産省のキャリアがどんな人か気になる!って人にはコチラがおすすめです ↓

麻薬密輸で逮捕の西田哲也は経産省キャリア官僚?学歴や役職、年収を調査してみた!