狼雅(相撲力士)の読み方は?出身はロシア?アマルサナーの優勝という結果に?







日テレの「深イイ話」みましたかっ!?

今日もみていたんですが、今日は相撲の話題をやっていて、
元大関・雅山の二子山部屋の特集をして
いましたが、興味深かったのは、先場所、
序二段優勝を果たした狼雅(ろうが)です。

狼雅が幕内優勝できず引退した親方の為に、幕内優勝をめざす話。

なんだか、この前やっていたドラマ「はじ恋」で、ユリユリが東大合格できなかったずんこ先生の為に、自分が合格すればしくじりじゃなくなるだろって言ってたのを思い出しました。

狼雅ってどんな力士なの?

名前の読みは?

国籍は?

等いろいろ気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

 

狼雅(相撲力士)の読み方は?

名前の読みが気になりますよね?

名前は「ろうが」って読むらしいです。

四股名の由来は?

狼はモンゴルでは強さの象徴。

雅は、師匠の現役時代の四股名「雅山」から1文字もらっている。

との事。本人もこの四股名はかなり気に入っているようですね!

うん・・・名前からして強そう( *´艸`)

狼雅(相撲力士)の出身はロシア?

調べたところ、狼雅さんはロシア人なのだそうです。

ただ、ロシア人なんだけどお父さんは仕事でモンゴルに住んでて、育ったのはモンゴルってことみたい。

なので産まれたところじゃなくて、育ったところを◯◯出身って言ったりもするのでそのパターンだと思います。

日本相撲協会のプロフィールにはモンゴル・ウランバートル出身と明記されているが、実はロシア・トゥヴァ共和国で生まれたという経歴を

持っているようです。

14歳まで教師をしている母親と一緒に住んでいましたが、その後は母親の元を離れて父親の住むウランバートルに移り住んだとの事。

「ボクはロシア人なんです。だから急にモンゴル人と言われるとちょっと…」と告白しています。

国籍はモンゴルだが、滞在は1年あまりで「急にモンゴル人と言われても…」とロシアへの郷愁の念は強い彼。

まとめると

アミダラ女王
生まれはロシア、育ちはモンゴル、国籍はモンゴル

ってことですね!

狼雅(相撲力士)の本名はアマルサナー?

本名アマルトゥブシン・アマルサナーというらしいです。

モンゴル・ウランバートル出身。

18年九州場所初土俵デビューをしています。

がたいがよく、バランスも良いとされています。

183センチ、135キロ。得意は右四つ、寄り。

狼雅(相撲力士)の優勝という結果に期待できる?

序ノ口で全勝優勝した次の場所、序二段でまたも全勝し、しかも、
優勝決定戦で元大関を破った彼。

しかも、危なげない相撲でしたのでまだまだ余力を残しています。

来たる夏場所、狼雅は三段目だろうと予想されています。

今後の活躍にも期待ですね!

以上最後まで読んでいただきありがとうございました!