EXILEのTETSUYAが演技中止の理由は? Eダンスアカデミーはどうなる?







ダンス&パフォーマンスグループで知らない人はいないビッググループであるEXILEのパフォーマーのTETSUYA(38)さんが

「両側膝蓋骨亜脱臼症候群」と診断されました。数ヶ月の治療が必要なため、激しく体を使うようなパフォーマンスを当面控えることを公式サイトで発表しました。

今後の活動は「治療に影響がない範囲で行っていく予定です」としていますが心配ですね。

何が原因で両側膝蓋骨亜脱臼症候群になってしまったのか?

Eダンスアカデミーはどうなるのか?など気になりますよね?

そこで調べてみました!

スポンサーリンク

EXILEのTETSUYAが演技中止の理由は?

いつから?

どうやら、2年前から膝に違和感があり、たびたび病院での処置を受け、トレーニング内容を変えるなど、自分の身体と向き合いながらパフォーマンスを続けてきていた彼。

「今年の2月にEXILEのツアーを終えてからも、なかなか膝の状態が改善されない現状を受け止め、少しの間ダンスなどのパフォーマンスを控え、治療を行うことに致しました」と発言しています。

2年前というと結構前からだったんですね。

そんなにキツイ状態なのにそれを視聴者に感じ取らせないところあたりが、やはり「プロ」だなぁ~って感じですね!

どんな症状?

そもそも膝蓋骨脱臼とは、膝蓋骨(膝のお皿)が膝の正面の本来の位置からずれることで、膝の構造・形態的特徴からほとんどは外側にはずれます。

膝蓋骨は膝の横断面(輪切りの図)では、大腿骨正面の溝にはまるような位置にあります。膝蓋骨がこの溝を乗り越えてはずれることを脱臼と言い、乗り越えはしないがずれることを亜脱臼と言います。

TETSUYAさんの場合は、「亜脱臼」なので、完全に外れるのではなくて、ずれるという症状のようですね。

痛みはあるのでしょうか・・・なんか聞くだけで膝のあたりがムズムズしてきちゃいそうですw

実は女性がかかりやすい病気だった?

膝蓋骨脱臼は若い女性に多く発症し、スポーツ活動中などに起こります。

膝蓋骨脱臼は、ジャンプの着地などで筋肉が強く収縮した時や膝が伸びた状態で急に脛骨をねじるような力が加わった時、膝蓋骨を打撲した場合などに起こりますが、元々膝蓋骨が脱臼しやすい身体的条件(膝蓋骨に向かい合う大腿骨の溝が浅い、膝蓋骨の形成不全、膝蓋腱の付着部が外側に偏位しているなど)を持っている人に起こりやすいと言われています。

EXILEのTETSUYAが演技中止でNHKのEダンスアカデミーはどうなる?

この件については、番組の公式サイトで発表されていました。

【以下、番組公式サイト全文】

EXILE TETSUYAさんの番組出演休止のお知らせ>

この度、Eダンスアカデミーに講師として出演しているEXILE TETSUYAさんが、膝の治療に専念するため当面の間パフォーマンス活動を控えることが発表されました。それに伴い治療期間中は、Eダンスアカデミーへの出演も休止いたします。

今月中はTETSUYAさんが治療に入る前に撮影した内容を放送いたしますが、来月からは代役として臨時講師が出演する予定です。臨時講師の方につきましては、追って番組内でご紹介いたします。

とのこと。

臨時講師は一体だれになるのか?

番組の進行などは大丈夫なのか?などいろいろと不安が残りますが、まぁ、番組サイドで何とかするでしょうし、演者側も

一生懸命なので、特に大きな問題にはならないだろうと思います。

ネットの反応と私の感想は

てっちゃんほんと抜けやすいんだな

哲也さんとは部位が違うけど、実は私ずーっと、股関節が弱いのかずっとしゃがんでると股関節が外れそうになって痛みが走るんだけど似たようなもんなのかな…まだ“痛み”でおさまってるけどこれ激痛になったらマズイな…亜脱臼になるのかな…

我々ができることは、信じて待つことだと思う てつやせんせのパフォーマンスが見れなくなるのは悲しいが、ここで無理をして壊れてしまうほうがもっと悲しいしね

大丈夫かなぁ…お大事に(;_;)

などの心配する声が多数ありました。

TETSUYAさんが一日も早く快復して、復帰すると良いですね!

最後に

TETSUYAさんは「今は焦らずに、周りのサポートしてくださる皆さんと共に、パフォーマー復帰を目指して、日々努力していきたいと思いますので、どうかよろしくお願い致します。パフォーマンスを楽しみにしてくださっているファンの皆様、関係者の皆様、そしてメンバーには、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいですが、来年の“LDH PERFECT YEAR 2020”に向けて、また改めて踊る姿を見て頂ける様に全力で頑張りますので、ぜひ待っていてください!!」と復活を誓っています。

治療をしている間は焦りや不安などで大変だとは思いますが、パパにもなることですし、頑張って乗り越えてほしいですね!

応援しています!

以上最後まで読んでいただきありがとうございました!