高田純次が車で交通事故起こしたのはいつどこで?車種や現在の愛車は?







今や日本の誰もが知っているテキトー男の代表格「高田 純次さん」

実はそのテキトーぶりは芸能活動をする上での仮面ではなく本当のようです。

なんでも、車で事故を起こしておきながら、被害者の人へ誠実な対応をせずに「テキトーに」対応していたようなのです。

タレントの高田純次さんが、東京都内の首都高速道路で交通事故を起こし、22歳の男性が怪我を負っていたことが、「週刊文春」の取材でわかったそうなんです。

事故が起きたのは4月14日。被害者のAさんが、事故の状況を説明しています。

「左から合流してきたポルシェが、本線を走っていた僕の車の左後部にぶつかりました。『ゴツン』という衝撃が走ったのですが、ポルシェはそのまま僕の車を追い抜いていった。その後、前を走る車を縫うように追い越しながら逃げていきました」との事。

一体どういう事があったのでしょう?

車種は何でいつどこで事故があったのでしょう?

いろいろと気になるので調べてみました!

スポンサーリンク

高田純次が車で交通事故起こしたのはいつどこで?

事故はいつ起きた?

高田 純次さんが車で事故を起こしたのは、2019年4月14日だったみたいです。

場所は

場所は一体どこだったのでしょうか?

高田さんが車を運転していたという事なので生活圏の中なのでしょうね。

調べてみると東京の首都高速で事故は起きたみたいですね!

高田純次が車で交通事故起こした時の車種は?

事故について被害者Aさんの証言によると

「左から合流してきたポルシェが、本線を走っていた僕の車の左後部にぶつかりました。

『ゴツン』という衝撃が走ったのですが、ポルシェはそのまま僕の車を追い抜いていった。その後、前を走る車を縫うように追い越しながら逃げていきました」とのこと

さらっと書きましたが、誰でも一度は聞いたことのある高級車「ポルシェ」ですね!

一般ピーポーではとても買う事は出来ませんよねw

事故の際の高田さんの対応がテキトーすぎ?

首都高速での事故から約15分後、首都高から降りたところで、高田さんは車を降り、Aさんと応対しています。

高田さんは当初、「(Aさんの車に)当たってませんよ」と話していたが、そのうち「今20万持ってます」と、“示談交渉”を持ちかけてきたそうです。

Aさんは拒否し、話し合いを続けることになったが、高田本人と連絡が取れなくなり、弁護士を立てることになったそう。

事故後、Aさんは医師から「頸椎と腰椎の捻挫」と「全身打撲傷」で、全治2週間を要する見込みと診断されていますので完全に事故扱いになりましたね。

なんと高田さんの揉み消そうとする音声が残っている?

被害者は、高田さんとの会話をスマホで録音したとのこと。

文春が公開した動画によると、高田さんはその会話で「これ、もちろん全部(被害者の車)直します」「それと、今、20万持ってます。だめでしょうか?」「それで、ある意味、ナッシングって言い方おかしいですけど・・・・」など発言しています。

ここに20万あるからこれで事故をなかったことにしよう。と持ちかけているんですね。

なんというか・・・今どきこういう適当な対応では済まない事は十分わかっているだろうに・・・

動画を見ていて悲しくなりました。

高田純次が所有する現在の愛車は?

アミダラ女王
どうやら現在の愛車はポルシェみたいですね。

基本的に人が乗らない車に乗りたい高田さん。

ポルシェの中でもグレードだったりデザインだったりにこだわりがあるのかもしれませんね!

高田純次の過去の愛車遍歴がすごい?

いままで高田さんは一体何台の車に乗ってきたのでしょうか?

すごく気になりますよね!

そこで調べてみると、今までの愛車遍歴が「33台だった」そうなので驚きました。

33台なんてこれも適当な噂かと思いきや実は本当に車好きなんだそう。さすがは売れっ子芸能人です。

当然のように車種も幅広く高級車ばかりです。

C3POさん

高田純次さんの愛車遍歴は、

日本車はスカイラインGTR、スカイライン2000GT(ケンメリ)、クレスタ、マークII、ドイツ車はアウディ、ベンツ、ポルシェ、BMW、イタリア車はオースチンヒーレー、アストンマーチン、ベントレーなどの計33台です。

テレビの中に映る高田純次さんは「テキトー」と言われるキャラクターですが、他の人と同じ車が嫌だという車へのこだわりがとても強いです。

なので基本的にはあまり人が乗らない色やデザインの車が多いのだそうですね!

最後に

高田さんは2009年に、前方不注意でミニバイクと衝突事故を起こし、19歳の男性に全治2週間の怪我を負わせています。この時には、「二度とこのような事故を起こさないよう慎重に行動し、努力していきたいと思います」とコメントしています。

また、昨年3月にも、信号待ちの車に追突事故を起こしている高田さん。いくら適当男と言っても許されるものではないですよね。

自身の運転について危うさを感じることはないのかを聞かれると、

「まあ、自分で(運転が)危ないなと思うことはほとんどないんですけどねえ。高齢は高齢なんですけど、運転は好きな方ですから」と回答しているそうです。

Aさんの父親は、「高田さんの対応は誠意が感じられず、現在は告訴の準備も進めています」と話していることから今後も泥沼化していきそうな

予感がします。

続報に注意ですね!