(話題)セカオワSaoriの育児論とは?男性トイレにオムツ台設置が少ない?







最近は男性が育児に積極的に参加する過程も珍しくありませんね。

私もその一人で、不器用ながらもできるだけ育児にも積極的に参加しています。

「参加している」なんて表現をすると、妻から怒られそうですが、違うんです。

やはり、妻の育児の様子を見ていると、圧倒的に経験値とか安定感が違う。子どもの信頼度が違うって感じます。

なので、土日に少し子どものオムツ交換やごはんをあげたりした程度ではとても「育児をした」とは言えず、

「ほんのちょっと育児に参加した」程度だなと思い知らされます。

今回はそんな中で見つけた、セカオワのSaoriさんのコメントについての話題です。

 

アミダラ女王

24日に自身のツイッターを更新したSaoriさん。

「女性トイレにはオムツ交換台があるのに、男性側にはないことがよくある。それってどういう意味だろう?」と育児における疑問をつづっていました。

 

どういう意味?

コメントの真意は?

ネットの反応は?

など気になったのでいろいろ調査してみました!

スポンサーリンク

そもそもセカオワSaoriって子どもいるの?

気になったので調べてみると、Saoriさんは2017年8月に第一子を妊娠したことを伝え、2018年1月には自身のツイッターで無事出産したことを報告しています。

その後は、ツイッターでは育児にまつわるツイートをすることも多い彼女。

このSaoriさんの疑問はフォロワーらから多くの反響が上がり、「いいね」の数は3万件を突破しているそうです。

やはり同じ気持ちを持っている人が多いという事が数字に表れた結果ですね!

(話題)セカオワSaoriの育児論とは何?コメント内容は?

24日に自身のツイッターを更新したSaoriさん。

「女性トイレにはオムツ交換台があるのに、男性側にはないことがよくある。それってどういう意味だろう?」と育児における疑問をつづっていました。

そして、「私はオムツ交換台が男女両方にあるか、多目的トイレが設置されていると、イケてる企業だなといつも思う」と続け、育児に目の届いた企業へのリスペクトを寄せています。

名の無い一般の人が投稿するのと、名の知れた有名人がコメントするのとでこうも世間の目が違うとは・・・

その違いが如実に表れていますね。

男性トイレにオムツ台設置が少ない理由は?

小さな子供連れの親子にとって外出先で必ず1度は行く場所があります。

それが「オムツ交換のスペース」ですよね。

ではそれは一般的にどのような場所にあるか?

  • 大型デパート等にあるベビールーム
  • 多目的トイレ
  • 女性トイレ

 

になります。

最近ではベビールームや多目的トイレへの設置も増えてきつつありますが、まだまだ場所は限られています。

実際に女性トイレ への設置はだいぶ増えてきているようです。

 

でも待ってください。みなさん、お気づきでしょうか?

当たり前のように男性トイレにおむつ交換台が設置されていないことを・・・

 

まだまだ育児に参加する男性が少ない=需要が少ない と判断されて設置が遅れているのでしょうか?

それとも、女性トイレに比べて男性トイレは場所が狭い為、おむつ交換のスペースを確保するのが難しいのでしょうか?

 

いずれにしても一定数の需要はあるのですから、政府にはどうにかしてほしいものですね!

男性トイレにオムツ交換台があることのメリットは

  • 複数人の子供のおむつ交換をパパとママで分担できる
  • 女性トイレが混んでいてもスムーズにおむつ交換できる
  • パパがおむつを替えている間にママが買い物できる

などがあります。

ママからすると、男性がオムツ交換できるのはかなり助かると思っているはずなので必ず需要はあると思います。

ネットの反応は?

今回のSaoriさんのコメントに関しては、返信コメントも多く

「すごく共感です」

「同感!!」

「男女どっちにも欲しいですね…」

「激しく同意」

「イクメンパパもいるのに…」

などと共感する声が相次いで寄せられています。

さらに、Saoriさんは

「男性側にないと悲しく、仕方がなく車まで戻って替えることがしばしばです」

「トイレに交換台があっても1つだけとかが多いので並ぶことを考えると交換台がたくさんあるベビールームが私達は最適」

などと、Saoriさん自身の実体験を含めて育児に関する悩みが投稿されたことからさらに根拠を増しています。

最後に

親になって初めて気づくとの指摘も多く見られ、「Saoriちゃんが発信することで少し変わるといいですね」と、時代に応じた対策が進むきっかけになればと願う声も多い今回のコメント。

確かに、イクメンが当たり前になる時代が来ると良いですね。

少しでもママへの負担が減って、子どもを虐待してしまったとか、「殺してしまった」なんて悲しい事件が減るようになればいいなと思います。

以上最後まで読んでいただきありがとうございました!