キャシー中島が苦しむヘバーデン結節とは?原因や初期症状は?治療法はある?







指が変形し激痛が襲う…。

6月13日放送の「直撃!シンソウ坂上」(フジテレビ系)では、突然の病に襲われたキャシー中島さんを取り上げました。

突然襲った指の痛み…キャシー中島が20年以上も闘う「ヘバーデン結節」とはどんな病気なのでしょうか?

患者はほぼ女性との事ですが、男性もかかることはあるのでしょうか?

原因や初期症状は?

治療法はあるのでしょうか?

いろいろ気になったので調査してみました!

スポンサーリンク

キャシー中島が苦しむヘバーデン結節とはどんな病気?

体のどこの病気?

指の第1関節(DIP関節)が変形し曲がってしまう原因不明の疾患です。第1関節の背側の中央の伸筋腱付着部を挟んで2つのコブ(結節)ができるのが特徴です。この疾患の報告者へバーデンの名にちなんでヘバーデン結節と呼ばれています。いろいろな程度の変形があります。すべての人が強い変形になるとは限りません。

痛みはある?

痛みは鋭く刺すような痛みがあるようです。

示指から小指にかけて第1関節が赤く腫れたり、曲がったりします。痛みを伴うこともあります。母指(親指)にもみられることもあります。第1関節の動きも悪くなります。また、痛みのために強く握ることが困難になります。第1関節の近くに水ぶくれのような透き通ったでっぱりができることがあります。

最終的にどうなる?どんどんひどくなる?

キャシーさんは「指先を使うことが全くできないけれど、使わなければ我慢できない痛みではない」と、痛みを我慢し病院には行くことはなかった・・

その後、キャシーさんの指は、右手の小指に続き、数ヵ月後には人差し指も赤く腫れて痛みが走るように。

バーデン結節の特徴の一つで、小野澤医師は「人にもよりますが、放っておくと、違う指へと症状が広がっていくのが特徴です。人によっては、同時に複数の指が痛くなることもあります」としています。

キャシーさんの指は日に日に症状が悪化し、握手をしただけで激痛が走ったり、包丁が握れなくなったり、キルト教室でもハサミを持つことができなくなることがあるほどになったそうなので辛そうですね。

キャシー中島が苦しむヘバーデン結節原因や初期症状は?

原因は何なのか?

様々な研究がなされていますが、現在のところは原因は不明なんだそうです。

どんな人がなりやすい?

一般に40歳代以降の女性に多く発生します。

手を良く使う人にはなりやすい傾向があります。

遺伝性は証明されてはいませんが、母や祖母がヘバーデン結節になっている人は、体質が似ていることを考慮して、指先に負担をかけないように注意する必要があります。

初期症状はどんなものがあるのか?

キャシー中島さんの実体験によると・・・

22年前、彼女が45歳の時に突然、右手小指の第一関節に針で刺されたような痛みがあったという事。しかし、キャシーさんは突き指だと思い、氷で冷やすなどの対処を行ったそうです。一旦は落ち着いたものの、その日以来、右手小指にはズキズキとした鈍い痛みが続いたという事です。

ヘバーデン結節になると、何気ないささいな動きで指に痛みが走ることもあるそうですがその原因は解明されていない状態です。

こういう「突き指かな?」と自己判断せずに、病院に行くべきなのでしょうが忙しい現代人。。。なかなかそうはいきませんよね~

キャシー中島が苦しむヘバーデン結節には治療法はある?

治療法はあります。

局所の安静(固定も含む)や投薬、局所のテーピングなどがあります。急性期では少量の関節内ステロイド注射(特にトリアムシノロンは有効)なども有効です。

上記の方法で痛みが改善しないときや変形がひどくなり日常生活に支障をきたす場合は、手術を考慮します。

手術法にはコブ結節を切除するものや関節を固定してしまう方法が行われます。

なので少しでも違和感があればまずは病院で相談するのがよさそうですね。

エクオールが効果的??

初期の段階でエクオールという成分をとることで、病状の進行を遅らせたり、痛みが広がるのを防いだり、病状が改善したというデータがあるそうです。

これまで原因不明とされてきたヘバーデン結節だが、最近の研究では、患者のほとんどが女性であること、更年期で発症することが多いことから、女性ホルモンの減少が原因の一つではないか、という説が出てきています。実際に女性ホルモンとほぼ同様の効果があるとされるエクオールという成分を取り入れ、 治療の効果を上げている専門医も増えているという事です。

医学は日進月歩。常に何かの対策は見つかっていくものなのでしょうね。



ヘパーデン結節以外にもほてり・汗・イライラなど更年期のお悩みにエクオールが効果的なので見てみる

ネットの反応は

左手の人差し指、中指、薬指が次々と腫れて変形し、8ヶ月前より右手の薬指が変形を始め、まだ変形が完成してないので痛いです。
最初はリウマチかと思ってすぐに整形外科に行きましたが、特に治療も無くそのまま。
次に診てもらった医者には、遺伝だと言われました。あなたのお母さんかお祖母さんが同じような指になっているはずだと。
確かに祖母が、関節が太くなって困ると言っていたので、今から思うとその病気だったのかもしれません。遺伝だったら仕方ないと諦めていました。
しかしながら、左手はそうでもなかったのですが、右利きなので右手の指の腫れと変形はかなり痛みを感じます。
しかも私はピアノ教師をずっと続けているのですが、とても痛くて思うように弾けず、困っています。

私もリュウマチかなと思い診察受けましたが違ってました。他の病名も言われず十年位になります。最近ネットで見てヘバーデン結節なんだなと思いました。病院にはかかってませんが第一関節の腫れて硬くなってる所が痛くて辛い時どうしたらいいか色々試しましたが、痛みのある指の手のひらの丘のところを指圧すると痛みが楽になりました。一度試してみて下さいね。

などのコメントが・・

他にも結構な数の女性が同様の症状で苦しんでいるみたいですね。

一日も早く、みんなが楽しく手先を動かしたりできるように、治療法が見つかることを願います。

以上最後まで読んでいただきありがとうございました!