北海道(登別市)での記録的短時間大雨とは?いつ発表されるか、基準を調査







おはようございます。

昨晩の夜中に、北海道の登別市では短時間に記録的な大雨が降り、大変なことになっているようですね。

一応避難指示は解除されたようですが、気になったので少し調べてみました。

この記事では、記録的短時間大雨とは?いつ発表されるのか?その基準は?についてご紹介します。

スポンサーリンク

記録的短時間大雨とは何なの?

記録的短時間大雨情報は気象庁が定める正式な用語で、数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨が観測(解析)された際に、

全国の気象台から「○○時△△県で記録的短時間大雨」という形で発表される情報です。

場合によってはゲリラ豪雨による大雨の際に、記録的短時間大雨情報が発表されることもあり得ます。

記録的短時間大雨情報が発表されたときは、該当する地域で土砂災害・浸水害・洪水害の発生につながる猛烈な雨が降っていることを示し、

かつ「避難勧告」「避難指示」が発令される基準として用いられる場合がありますので、避難の検討、あるいは開始が必要になります。

ただ、この情報が発表されるということはすでに浸水などが始まっている可能性もあるため、特に家族に要支援者がいる場合は

より早い段階での行動が必要になります。

引用元:国交省HP

記録的短時間大雨とはいつ発表されるものなの?

数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を、観測(地上の雨量計による観測)したり

解析(気象レーダーと地上の雨量計を組み合わせた分析)したりしたときに、各地の気象台が発表します。

その基準は、1時間雨量歴代1位または2位の記録を参考に、概ね府県予報区ごとに決めています。

簡単に言うと「短時間に大雨が降ってヤバイ時!」ですね!

記録的短時間大雨とはゲリラ豪雨とどう違うの?基準は?

ゲリラ豪雨は気象庁が定める正式な気象用語ではなく、「強烈なにわか雨」「すさまじい夕立」といった状況を指す

マスコミやWebメディアが用いる大雨の表現のひとつです。

10キロ四方程度の狭い範囲に、都市部の排水能力を超えるような猛烈な雨をもたらし

しばしば街中に水が溢れるような事態(内水氾濫)を生じさせます。しかし降雨は数十分程度しか続かないという特徴があるため

外出を避け屋内に留まれば安全です。

ゲリラ豪雨は正確な事前予測が困難で、突然降り始めるため「ゲリラ」豪雨と呼ばれています。

それでも雨が降り出す直前には、ゲリラ豪雨をもたらす「発達した積乱雲」による影響で

「急に空が暗くなる」「冷たい風が吹き始める」「雷が発生する」「雹(ひょう)が降る」などの特徴を察知できる場合が多いため

これらの現象を感じたらすぐに安全な屋内に移動するようにしましょう。

上記を踏まえると、2つの違いは・・・

①気象庁が定める正式な気象用語なのかそうでないのか?

②ゲリラ豪雨<記録的短時間大雨の順で、記録的短時間大雨のほうが被害は大きく状況は深刻な場合が多い

③似たようなものだが、記録的短時間大雨は浸水被害などが実際に出るが、ゲリラ豪雨は屋内にいれば基本的に安全

といった違いがあるようですね!

北海道(登別市)の今回の避難指示について

①胆振地方記録的短時間大雨情報

平成30年9月23日1時20分

②登別市付近で約100ミリの記録的短時間大雨情報

平成30年9月23日1時10分

上記の大雨で、多くの世帯に避難指示が出されたようですね!

※23日の朝方4時ころに解除されたようです。

情報の拡散!大事!

あまり聞きなれない言葉に驚く人もチラホラ・・・

夜中から明け方にかけてのことだったので、「寝てる間に終わった・・・」という人も多いみたいですね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

9/23の朝1時から朝4時ころにかけての記録的な大雨情報をまとめました。

日ごろからニュースには敏感になり、いざというときにすぐに動けるように準備しておきたいものですね。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました!