美術館で暴行受けた峰なゆかは元AV女優?他人の漫画をパクリで炎上の過去とは?







漫画家の峰なゆかさんが、東京都美術館で車椅子に乗った男性から暴行を受けた
とツイッターで明し、話題となっています。

その際、何も前触れなく、急に殴られたということです。
さらに、峰さんがあまりに突然のことにびっくりし過ぎて固まっていた時に、
さらに2〜3発追加で殴られたそうです。

しかも今回の事件・・・なんと事件現場となった
東京都美術館側は、この男性について認識しているようです。どうやら以前から何度かトラブルを起こしている常連なのだとか・・

しかし対処はしてくれず、口頭注意のみしか行っていないとの事で、「対応が不十分だ

と批判を集めています。

しかし今回気になったのは、

「峰なゆか」で検索すると、「元AV女優」と出るではないですか!どんな人だったんだろう?

漫画家で検索すると、「パクリ」とか「炎上」とか出るけど何をやらかしたんだろう?

など気になりました。

なので少し調査してみました!

スポンサーリンク

美術館で暴行受けた峰なゆかは元AV女優?

峰なゆかさんのプロフィールは?

生年月日:1984年9月29日
血液型:AB型
身長:158cm
体重:48kg
スリーサイズ:93/59/91(Hカップ)
職業:漫画家、ライター、元AV女優

Hカップ・・・スゴイ・・・

いつからいつまでAV女優として活動?

2005年にメディアステーション(宇宙企画)からAV女優としてデビューしています。
『恋のエロ騒ぎ』という作品名ででAVデビュー。
2006年より、MOODYZ専属女優としても活動していました。

2009年1月に『超絶品ボディ引退SPECIAL』という作品ででAV女優を引退。

2011年5月、1度AV復帰しました。

 

C3POさん

なので活動期間は、2005年~2009年ってことなので、4年間ですね。

短いような長いような・・・

主な作品は?

総出演本数はなんと・・・206本!!

もともと、「恋のから騒ぎ」でTVデビューをしていた峰さん。

当然のようにAVのデビュー作は『恋のエロ騒ぎ』。シンプルで衝撃を与えるタイトルでした。この作品だけで売上は3万枚を突破し当時、受け取ったギャラは150万円。茶封筒に入った現金で毎月受け取っていたそうです。

現在の単体AV女優で最高額じゃないでしょうか?。当時がAV業界バブルだったらしいのですが、それにしてもすごい話ですね。

デビューした2005年は宇宙企画、その後2006年4月くらいまでMOODYZで専属単体女優として活動を継続しています。

その後は共演作品は増えていますが、12月の”MOODYZ大感謝祭2006″では最優秀女優賞で第4位を獲得

2008年4月まで専属契約を維持する人気女優として活躍しました。

主な作品は・・・

「恋のエロ騒ぎ」2005年

「エロスの地獄」2006年

「AVない若妻」2007年

「超絶品ボディ引退SPECIAL」2008年

「美しすぎるレズビアン マ○コがマ○コに恋をする理由(ワケ)」2011年

です。どれも男性諸君を満足させる内容です。


峰なゆかは漫画家として成功している?

峰なゆかさんは2011年に漫画家デビューを果たしています。

もともと、自身のブログや「週刊SPA!」での連載で注目を集めていた
漫画『アラサーちゃん』という作品が注目され、単行本化されました。

それ以降はライター、漫画家として活躍している彼女。

『アラサーちゃん』という作品は、壇蜜さん主演で2014/7/25にドラマ化されてスタートしました。

ドラマ化もされるってことは、結構成功しているほうですよね!

しかし原作使用料がたったの15万円ぽっちで峰さん立腹?

原作の漫画を忠実に表現しており、ドラマの評判は好評でした。

BB8くん
しかしドラマの原作使用料は15万円だよ! 一話分で15万円とかじゃないからね!
1クール分全部あわせて15万円だからね!
マジで目玉が飛び出たよ……

とのこと。

人気ドラマ・映画でも原作使用料はそれほど高額ではないようだね~

アミダラ女王
あの、興行収入58億円『テルマエ・ロマエ』の原作使用料ですらたったの100万円らしい・・・
ダースベイダーさん
今、テレビ番組でテルマエロマエの作者さんが映画化までの流れを話してたんだけど、「原作使用料として100万円入金されるからよろしくね」っていきなり言われて終わっちゃったんだって。金額も勝手に決められてたんだって。そりゃ原作者の意向なんてまるまる無視のひどい実写化が横行するわけだ…

峰なゆかが他人の漫画をパクリで炎上の過去とは?

峰さんには過去に、他人の漫画を盗作=パクリの疑惑があります。

事の発端となったのは、峰が2018年8月29日に自身のTwitterに投稿した『平成ちゃんと昭和姉さん』という自身の漫画に関する投稿です。女性向けオンラインメディア「ELLE girl」に掲載された作品で、峰は「『やっぱ女に大切なのって若さなの……?』『出会いがないんですけど!?』などという平成ちゃんの悩みを昭和姉さんこと私が解決していく内容だよ」と紹介していました。

問題の作品がコレ↓

「このツイートに反応したのが漫画家の花森あめ子です。花森は同日Twitterを更新し、峰のツイートを引用しつつ、『事件 たまたまだよね?でもつらいおおお…』とツイートしたのです。ん?何も知らない人からしたら「どゆこと?」ってなりますよね?

実は花森、今年1月からインスタグラムで『昭和ちゃんと平成ちゃん』という、昭和生まれの女性と平成生まれの女性のギャップを紹介する漫画を投稿。両者の作品を見比べた人から、『これはひどい』『確かに似すぎてる……』『パクリじゃないというほうが無理あるかも』という声がよせられたのです。

その後、花森は「ELLE」編集部の窓口へ正式に問い合わせたことを報告しています。

「峰さんは私もファンだし、そんなことはないと信じてますが…」としながらも、「峰さんは以前あった騒動でも沈黙を貫かれていたので」とチクリ。さらに「ご返答いただけないようなら…それはそういうことだったのだと、思うことにします」と、回答が期待できない可能性も示唆しました。

「今回の花森の件について、峰さん側も『ELLE』も現時点(9月2日15時)でコメントは出していないものの、峰さんのTwitterには『またパクリ?』『今度も無断でオマージュですかね?』といった批判が書き込まれているため、事態は把握しているはずです。何らかのコメントを出すか、それともまた編集部だけが言い訳するのか……分かりませんね。

最後に

峰さんがAV女優を辞めた最大の理由としては、「40分アドリブで淫語を叫ぶだけのヤリマンでしかなかった。」自分の作品を振り返り限界を感じた上での判断でした。

まるで「記録を越えられない」と気づいて引退するアスリートのようなコメント。才能ある方は自分の才能もよく理解しているモノだということでしょう。

そんな彼女が漫画家としてやっていくためには、「パクリ」疑惑が上がらないような作品を作ること、また、「パクリ」をもし今しているのなら即刻辞めて、被害者に謝罪をする必要があるでしょうね。

基本的にセクシーな女性は好きなので、応援しています!