小川勝也参院議員の長男の実刑詳細は?刑期が軽いが再犯の可能性高いと話題に!







最近、頭のおかしいヤツの犯罪が後を絶ちません。

しかも、最近目立っているのが結構ステータス(社会的地位)の高い国会議員や会社社長の息子が、殺人や性犯罪で逮捕されるケースが多いような気がします。

この記事では、小川勝也参院議員(無所属、北海道選挙区)の長男で、連続して女児にわいせつな行為をしたとして強制わいせつ致傷罪などに問われた遥資被告(23)の裁判員裁判の判決が21日、東京地裁であった為その話題に触れます。

小森田恵樹裁判長は「被害者はいずれも年少者で、卑劣かつ悪質」と非難し、懲役4年(求刑懲役5年)を言い渡しました。

ネットで話題の

刑期がとても短い(軽い)が、忖度が働いたのか?

再犯防止の為の対策は十分なのか?

などについて気になったので調査してみました!

スポンサーリンク

小川勝也参院議員の長男の実刑詳細は?

小川遥資ようすけ被告(23)ののプロフィールは

・本名:小川遥資(おがわ ようすけ)
・生年月日:1996年生まれ
・年齢:22 ~23歳(2019年5月現在)
・出身地:不明
・血液型:不明
・身長:不明
・体重:不明
・活動内容:不明
・所属グループ:日本大学藝術学部 スキー部
・家族構成:父

いつ

2017~18年との事です。

どこで

東京都や埼玉県の路上で強制わいせつを犯しています。

何をした

女児ら6人に対し、胸を触るなどした。このうち女子中学生1人は転倒し、頭を打つなどのけがをした。

小川勝也参議院議員の長男・小川遥資被告(23)は2017年10月、わいせつな行為をしようして女子中学生の口をふさいだ際に転倒させてけがをさせた罪や5人の小学生の女の子の体を触るなどした罪に問われています。

BB8くん
口をふさいで助けを呼べないようにしているあたり・・・完全に慣れているというか、再犯の匂いがプンプンしてくるね~

逮捕歴はなんと6回も

2017年10月17日1回目の逮捕

2017年11月2日 2回目の逮捕

2018年3月7日 3回目の逮捕

2018年6月13日 4回目の逮捕

2018年7月9日 5回目の逮捕

2018年9月6日 6回目の逮捕

となっています。

小川遥資は2017年10月31日に、所沢市内で小学生の女児の服につかみかかり転倒させ、わいせつな行為を行ったそうです。同年11月2日に小川遥資は女児に対する暴行容疑で逮捕されました。

小川遥資は1回目の事件とは別件で調査が進められていた事件により11月22日には再逮捕となります。小川遥資は10月20日ごろ所沢市の路上で小学生女児に対して体を触るなどの強制わいせつを行い、その10分後には別の小学生が強制わいせつと暴行を受けております。もう、手当たり次第って感じですね・・・

いずれの容疑も小川遥資は認めており、「小学生女児の体に興味があった」とコメントしております。

アミダラ女王
興味があったら触りたくなるなんて・・なんて幼稚な精神なんだ。

3回目の逮捕後、保釈されていた小川遥資ですが、2018年6月13日に4度目の逮捕となります。今度は小川遥資の転居先と思われる練馬区の路上で、小学生女児へのわいせつな行為をして怪我をさせたとされています。

チューバッカ
保釈中って・・・保釈の意味、分かってんのかな?このアホは。

今後どうなる

小森田恵樹裁判長は「抵抗されにくいとの理由で小中学生を狙っており、卑劣で悪質な犯行だ」と述べた。

そのうえで懲役4年(求刑懲役5年)を言い渡しました。

たったの4年で出てくるなんて・・・今29歳なので26歳くらいで出所してくるのか・・・

ヨーダ師匠
まだ若いし、絶対またやるでしょ、こーゆータイプの人は( ゚Д゚)

小川勝也参院議員の長男の刑期が軽い理由は、父への忖度なのか?

調べてみましたが、忖度で保釈されたり刑期が軽いわけではない様です。

小川遥資が保釈される理由としては、やはり父親が国会議員をしていることが大きいようです。このように書くと「国会議員の息子だから特別に免除しているのか」と思われそうですが、そうではありません。

刑事事件の保釈金は通常100万~300万はかかるといわれ、一般的な家庭であればなかなかすぐには用意できない額のお金になります。しかし、国会議員の収入からすればそれほど大きなお金ではないため、すぐに保釈請求できるというわけですね。

でもさすがに6回も保釈金を払うと、父親の小川議員もブチギレでしょうねw

「いい加減にしろ!」ってなりそう( *´艸`)

小川勝也参院議員の長男は再犯の可能性高いと話題に!

小森田恵樹裁判長は「被害者はいずれも年少者で、卑劣かつ悪質」と非難し、懲役4年(求刑懲役5年)を言い渡した。

小森田裁判長は「7カ月という短期間で6回にわたり犯行に及び、うち4回は保釈中だった」と指弾。「抵抗されにくいという理由で小中学生を狙っており、与えた恐怖感は大きい」と述べた。

ネットの反応は

7ヶ月の間に6人襲って、そのうち4回は保釈中。これについてマスコミがあまり動きませんね。保釈中になんか犯罪犯した人にまた保釈はおかしい。異常過ぎる犯人に対し法改正して2度と問題犯さないようにして欲しい。

この様な犯罪撲滅するためにも、厳罰に願います。又、父親がどの様なコメントを出すか楽しみですね。交番襲撃の父親は息子が犯罪者で自身は関係ないですがそれ相応の責任を取りましたね。今回は国会議員ですのでどの様な対応をするのですかね。

たった四年かよ。刑法が間違ってる。

どうしてこんなに性犯罪者に甘いの司法・・・もう外に出さないでほしい

親父は関係無くない?こういったところが日本の報道がおかしいところだと思います。やったの本人でしょ。父親がやれって言ったわけじゃないですよね。責任が父親に行くわけでもないのに。被害に遭われた方々には育てた父親として謝罪はあるでしょうが、甘やかして育てたんでしょうね。

などのコメントが・・

確かに・・・

この記事を書く中で結構いろいろ調べましたが、いくつかの記事は何やら意図的に削除されていました。

もしかしたら、小川議員関係の何やらよからぬ圧力が働いて、削除に追い込まれたのかもしれません。

いづれにしても大問題なので、きちんとマスコミは報道して、事実を明らかにしてほしいですね。