呉服店銀座いせよしのポスターの意味は?着物とハーフの子どもの関係は?







「ハーフの子を産みたい方に」というキャッチコピーを採用した、呉服店「銀座いせよし」のポスターが炎上している話題です。

何となくネットニュースを見ていて見つけて、最初「ん?どゆこと?何が問題なの?」と疑問に思ったので

このポスターの本当の問題点とは?

着物とハーフの子どもの関係は何?

について調査してみました!

スポンサーリンク

呉服店銀座いせよしのポスターの画像や詳細は?

ポスターはいつ掲載された?

この広告は、東京・銀座にある呉服店「銀座いせよし」が2016年に公開したもので、計5枚のポスターのうちの1枚が炎上しています。

どこで掲載された?

3年前、2016年6月20日の銀座いせよしのブログには、このコピーが「東京コピーライターズクラブ新人賞に入選した」と誇らしげに報告されていました。

同店はその後、掲載を中止し、ホームページ上で以下のように言及。

「2016年に掲出した弊社のポスターについて、様々なご意見を頂いております。これまで着物にあまり関心を持たなかった方にも目を向けて頂きたいという意図で制作したものでしたが、今回頂いたご意見を真摯に受け止め、今後の広報活動の参考にさせていただきます。なお、本ページの一部についても掲載を中止いたしましたことをお知らせいたします」

まぁ、妥当な判断ですね。遅いけど・・・

誰が掲載(作成)した?

「ハーフの子を産みたい方に。」については、担当した広告代理店のコピーライターは、「東京コピーライターズクラブ」で新人賞を受賞しているという人です。

博報堂のコピーライター、志水雅子さんの作品との事。このコピーで新人賞を受賞しているので、割と若い人だと思われる。

確かな実績と実力を持った人みたいですね。

呉服店銀座いせよしのポスターの意味は?

いせよしが掲載していた5枚のポスターに関して、掲載されている一連のキャッチコピーは以下の通りです。

・着るという親孝行もある。

・ナンパしてくる人は減る。ナンパしてくる人の年収は上がる。

・着物を着ると、扉がすべて自動ドアになる。

・スマホでしか撮らなかったことを、久しぶりに後悔した。

・ハーフの子を産みたい方に。

おそらくこれらのキャッチコピーで表現したかった内容はこんな感じかな~と予想できます。

着物を着ると、年収の高い人や外国人男性が言い寄ってきて、親切にしてくれて、年収の低い人は退散し、親孝行になって、デジカメで撮らなかったことを後悔する・・・・・・という・・・マジか・・・どんだけ着物パワーすげーんだよ。

 

C3POさん

ってか、いせよしの着物を着ている人は皆外国人にモテたい人ですっっていう目印ですよってことか?

あまりにもいせよしの着物を着ている人を馬鹿にしているよな。

さて、前述の通りこの「ハーフの子を産みたい方に。」というコピーは、日本最大のコピーライター・CMプランナー団体「東京コピーライターズクラブ(TCC)」の新人賞に入選しています。

これを審査して、賞を受賞さえた人たちも、どうかしているのではないでしょうかね?

着物と「ハーフの子を産みたい方に」の関係は?

着物と「ハーフの子どもが欲しい方へ」の関係は何なのでしょうか?一見すると分かりませんね。

調べてみると、これは日常に溢れる「ハーフがほしい」という潜在意識というか一般的なイメージが関係しています。

この広告に限らず『ハーフの子どもがほしい』などという言葉は、誰でも一度は日常生活の中でも聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。何気ない日常会話の中に登場するような言葉が、今回広告として表に出てきたことで、批判を浴びたのだと思います。

よく友人と話をしていて、「外国人の子どもは目がパッチリしていて顔立ちも整っていて本当に可愛い」「日本人の遺伝子では決して外国人の可愛さには勝てない」などという声が聞こえてきます。

つまりこの広告では、「着物を着る→外国人にモテる→外国人と結婚できる→ハーフの子どもが持てる」っていう流れですね。

「ハーフの子どもが持てる」の部分だけを切り取ってキャッチコピーにしちゃったもんだから問題が起きたわけですね

ネットの反応は

着物姿なら外国人男性からモテて、付き合える。イコール、ハーフの子供を宿すチャンスがあるって事?
くだらない広告ですね。着物は和の伝統衣装で晴れ着は正装着としてどこへ出ても立派なフォーマルです。
ハーフの子供を産むための道具ではない。
もっと着物を着て欲しければ、こんなコピーではなく、単純に着物って綺麗で豪華で人と滅多に被らないデザインだし、華やかさは群を抜いてあるって事をアピールすればいいと思うけどな。だいたいハーフならみんな可愛いって訳でもない。

ハーフと言っても、ほとんどの人は白人とのハーフを願っている。見た目が可愛い、美人だから。テレビでも白人とのハーフがもてはやされているのが、その証拠。

健康で生まれてくれることが一番の恵みだということをお忘れなく…

Twitterでみましたけど、ハーフの子を産みたい以外にも着物を着ていたら周りが自動ドアになるって表現の方も問題だと思います。

周りの人々を自動ドアに例えてる内容も不快でした。普通に、これが通ったのはこの会社の広告にオッケーだした責任者も会社事態も感性が疑われます

などのコメントが・・・

どれも辛口ですねw

確かに、見た目を重視していて結婚相手への愛情とか抜きにしている感がありますので違和感があります。

最後に

「ハーフの可愛い見た目の子を産みたいから、この人と結婚する」

なんて考えは、なんと浅はかで、おこがましいことか!!と思います。

この人となら生涯添い遂げたい、支えたいと思う人と結婚して、もし子宝に恵まれることができたならば、健康な子を願い、その人と協力して豊かな人生を送れる子に育てていく。どれも、みんな求めるけど全ての人ができるわけではない難しいことですよね。

「ハーフの子がほしいから外国人にモテる格好する」なんて浅はかな考えを持つ女性は、まず実現できないでしょう。
日本人女性の品格を傷つけるような広告はやめてほしいですね。

今後広告を出す側にも、モラルが求められるな~と考えさせられた話題でした!