九州南部の大雨いつまで?土砂災害や浸水、洪水被害は?梅雨前線の動きは?







いやぁ~毎日雨続きで嫌になってしまいますね~まさに梅雨って感じの天気が続いています。

特に、活発な梅雨前線の影響で、九州では大雨になっている状況です。2日も梅雨前線の位置はほとんど変わらず、大雨が続くおそれがあるそうです。

九州から関東・北陸にかけて、梅雨前線の雨雲がかかっており、北陸や関東、東海、近畿にかかっている雨雲は、2日午後には東へ抜けるが、九州や四国では2日も雨が続きそうだという予想です。

そこで

九州南部の大雨いつまで?

土砂災害や浸水、洪水被害は?

梅雨前線の動きは?

が気になったので調査してみました!

スポンサーリンク

九州南部の大雨いつまで?

九州から関東・北陸にかけて、梅雨前線の雨雲がかかっています。北陸や関東、東海、近畿にかかっている雨雲は、2日午後には東へ抜けるが、九州や四国では2日も雨が続きそうです。

雨がいったん弱まったとしても、3日はまた、活発な雨雲がかかる見込みとなっています。

3日朝までに予想される雨の量は、九州南部で150ミリ、九州北部で100ミリ、四国で80ミリとなっており、さらに、4日朝にかけて九州などでは最大400ミリの大雨になる所がありそうです。

今週いっぱいは雨が続き、九州全体の総雨量は1000ミリを超えるという報道もあります。

九州南部の大雨での土砂災害や浸水、洪水被害は?

気象庁は土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風に注意するよう呼びかけています。梅雨前線は、5日にかけて西日本から東日本に停滞し、活動が活発な状態が持続して大雨となるおそれがあるそうです。

付近の川の増水や、土砂災害の予兆があれば厳重な警戒が必要です。

何か分かれば追記します。

梅雨前線の動きはどうなる?

このあとも5日にかけて梅雨前線はあまり動かないため、さらに雨の量が増えるおそれがあります。

先週末からかなりの量の雨が降っていて、九州や四国の一部では土砂災害の危険性が高まっている状況です。

皆さん、十分に気を付けましょう。