宇和野宙漫画の絵柄にパクリ疑惑?花とゆめで種村有菜作品に酷似で謝罪詳細は?







漫画家でもデザイナーでも他人の作品からヒントを得たり、何となく絵柄や内容が似てしまう事はあるかもしれない・・・でも丸々パクリは良くないですよね。

今回はそんな話題です。

6月20日発売の『花とゆめ14号』の読みきり作品で、主人公の女性キャラが、ほかの作品のキャラと酷似している!と指摘されて話題になっています。

それに対して、少女漫画雑誌『花とゆめ』(白泉社)の編集長は2019年7月5日、掲載した作品で他の作品と酷似した表現があったと認め、謝罪する事態に。

しかもその酷似は編集部が率先し表現を似せるよう誘導していたとのことなんです。酷い・・・自身の絵柄を否定され、他人に似せるように指示されたってこと?

そこで

宇和野宙漫画の絵柄にパクリ疑惑?

花とゆめで種村有菜作品に酷似で謝罪詳細は?

が気になったので調査してみました!

スポンサーリンク

宇和野宙漫画の絵柄にパクリ疑惑?

6月20日に発売された白泉社の少女漫画雑誌「花とゆめ14号」に掲載された読み切り漫画作品「ロマンスとバトル」(作:宇和野宙)が、「神風怪盗ジャンヌ」などで知られる漫画家・種村有菜さん(41)の絵柄と酷似しているとして騒ぎになっていた今回の問題・・・

7月5日午後、「花とゆめ」公式サイトに謝罪文が掲載されています。

 

C3POさん

「ロマンスとバトル、女の子キャラの方は確かにありなち先生の絵柄に似てるけど、男キャラは全然似てないやん。」

という声もありましたがやはり全体的には「似ている」という声が大多数でした・・

 

なお「花とゆめ」公式サイトの謝罪文には、作者の「宇和野宙」やタイトルの「ロマンスとバトル」、絵柄の元ネタとなった漫画家「種村有菜」の文字はなく、各方面に配慮したと思われます。宇和野宙さんは過去に別の作品が掲載されたことがあるが、まだほとんど知られていない漫画家だという噂です。

「ロマンスとバトル」の絵柄については「花とゆめ14号」発売後から話題になっていたとの事で今後もしばらくは炎上しそうですね。

花とゆめで宇和野宙漫画の絵柄が種村有菜作品に酷似で謝罪の詳細は?

「花とゆめ」公式サイトの発表文によれば

該当作品の絵柄は、編集部が率先して先生の絵柄に近しい方向へと誘導した結果のものであり、本来なら掲載を中止しなければならない程、酷似していたにも関わらず、雑誌に掲載するという過ちをおかしてしまいました。

絵柄を酷似させてしまった先生、そのために誤解や混乱を生じさせてしまったファンの皆様、該当作品を執筆された先生に、多大なご迷惑をお掛けしました事を心よりお詫び申し上げます。

とされている。

上の謝罪文によると、編集部側からの働きかけで、宇和野宙さんが種村有菜さんに寄せていったようだという事が分かります。

今回の謝罪文の中には「ロマンスとバトル」「宇和野宙」という文字は書かれておらず、謝罪文を読む限り作者の宇和野宙さんに非はないと思われる。ちなみに「宇和野宙」は「うわのそら」と読むらしいです。

BB8くん
「うわのそら」っていう、ネーミングセンスがすごいw
アミダラ女王
テラワロタァ・・・

ネットの反応は

花とゆめの話題作ちらっと見たけど、どう見ても本人の画風は違うでしょってのわかるから、あとは先に許諾得とけよって話に尽きる。正直元々の画風好み。

お詫び文、編集部が率先して種村有菜先生の絵柄に寄せたって書いてて???状態
編集部何やってんの??

ロマンスとバトルの件、なんで編集はそんな指示したんだっていう。作者のもともとの絵が下手なのかと思ったら普通に種村有菜より上手いし(画力的な意味で)、ちゃんと魅力ある絵柄じゃん。種村絵なら売れるとでも思ったのか???今の時代じゃただのBBA絵やぞ…

ベテラン漫画家に絵が似すぎってんでちょっと騒動になってた漫画、花とゆめ側が正式に謝罪したんだ…編集者側が指示してた事が後ろ暗かったからなのか、あまりにも似せすぎてしまった事がいけなかったのか…個人的には世知辛い世の中だなぁと思う。

などのコメントがありました・・・

 

ダースベイダーさん

確かに、なんでそもそも編集はそんな指示を出しちゃったのか・・・

売り上げ優先、売れている作家の画風に似せることで、読者の共感を得たかったのでしょうか・・・

宇和野宙(うわのそら)のプロフィールや経歴は?

今回、編集部より種村有菜さんの漫画に似せるように指導されたのは宇和野宙(うわのそら)さんです。

まだあまり名の知れていない方のようなのですが、せっかく実力のある新人の方なのに、パクリ疑惑という致命的に良くない印象で話題になってしまっていますね><

本名:非公開

年齢:非公開

出身地:非公開

経歴:

・第73回ビッグチャレンジ賞準入選+作家審査員特別賞

・「怪物の願い事」花とゆめ5号掲載

・「ロマンスとバトル」花とゆめ14号掲載 ←今ココ

受賞をきっかけに、今年2月にはじめて「花とゆめ」に作品が掲載されました。「怪物の願い事」という作品の評判がとても良かったので、「ロマンスとバトル」の掲載も決まったと思われます。

デビューしたばかりの漫画家のため、宇和野宙という名前以外の情報はありませんでした・・・何かわかれば追記したいと思います!

最後に

あまり良くない話題で有名になってしまった宇和野宙さん。これを逆境に、是非本当の意味で実力ある有名漫画家になってもらいたいですね。

これからの活躍を応援したいと思います!

以上最後まで読んでいただきありがとうございました!