JASRACから潜入捜査した職員は?どこの音楽教室?著作権料はいくらなの?







皆さんは、JASRACって聞いて何を思い浮かべますか?正直、あまり良いイメージは無いですよね?。

なんか著作権著作権って言って結局は「金の亡者」って感じがしますけど・・・まぁ個人的な勝手なイメージですけどね・・

そのJASRACが、なんと今回、ある音楽教室に著作権捜査の為に、潜入捜査をしていたって事です。

しかも2年間も潜入していたというではありませんか・・職員が主婦と偽って捜査って事ですが、まるで刑事ですね・・どんだけ~

その職員は一体誰でしょうか?

また音楽教室の場所や著作権料とはいくらなのか?

気になったので調査してみました!

スポンサーリンク

JASRACから潜入捜査した職員は?

潜入捜査していたJASRAC職員が誰だったのかは、非常に知りたいですよね。でも今のところは、公表されている情報がありませんでした。

私的な潜入捜査に必要な資質というか能力というか、ミッションを完璧にこなすためにはどんな人じゃないとダメかというと・・・

主婦として潜入していてもバレない程度の見た目の人

年齢的には、30~40代ぐらいの女性

音楽に精通していて、音楽教室に通っていても違和感がないレベルの人

周囲に打ち解けて、怪しまれないレベルのコミュニケーション能力を持っていること

2年間も潜入捜査をしていて自身の生活リズムだったり精神的なストレスに潰れてしまわないメンタルの持ち主であること

などが思いつきます・・・

C3POさん
まだまだ他にもいろいろと条件があるかもしれませんが・・・そうすると、誰にでもできることではなさそうな気がしますよね。

JASRAC側が東京地裁へ提出した陳述書によると、潜入捜査していた職員は2017年5月に東京・銀座の「ヤマハ大人の音楽教室」を見学しました。その後、入会の手続きを取っています。職業は「主婦」と伝え、翌月から19年2月まで、バイオリンの上級者向けコースで月に数回のレッスンを受け、成果を披露する発表会にも参加したそうです。本格的な潜入ですね。マジでスパイみたい!

陳述書によると、レッスンでは講師の模範演奏と生徒の演奏が交互に行われた。JASRACが著作権を管理する「美女と野獣」を講師が演奏した際は、ヤマハが用意した伴奏とともに弾いたため、「とても豪華に聞こえ、まるで演奏会の会場にいるような雰囲気を体感しました」と主張しています。また「生徒は全身を耳にして講師の説明や模範演奏を聞いています」と記していました。

本当に見事に、JASRAC職員としての仕事を完遂した感がありますね。

ダースベイダーさん
この人、後の「伝説の潜入捜査員」として映画化でもされるんじゃね?

ヨーダ師匠
誰が見るんだよその映画www

JASRACから職員が潜入捜査したのはどこの音楽教室?

潜入していたのはヤマハの音楽教室って事ですが、場所までは特定出来ませんでした。

都内の銀座のどこかだとは思いますけど・・違うのかもしれません。

JASRACの職員が潜入していたのは、「バイオリンの上級者コース」ってことなので、この潜入捜査した職員はさぞ上達したんじゃないだろうかと思われます。

2年間通ってたわけですからね・・・

もう、プロの領域に達しているかも知れません。

スパイ活動も音楽活動も・・・ね( *´艸`)

JASRACから潜入捜査で分かった音楽教室での楽曲の使用に対しての著作権料はいくらなの?

JASRACから潜入捜査で分かった音楽教室での楽曲の使用に対しての著作権料はいくらなの?ってのが気になりますよね?まず今回の潜入捜査の目的は、JASRACは音楽教室における著作物の使用料徴収をしようって事ですよね。

公衆に対する演奏ではない、聴かせることを目的とした演奏ではないってことで、著作権料をもらおうって言うのは難しいと思うんですけどね・・どうなんでしょう・・・

しかし、JASRACはそこで著作物の使用量を徴収できる見込みがあったからこそ、2年という歳月と職員への人件費を割いていた訳ですから・・・ねぇ?

アミダラ女王
まぁ最終的に気になるのは、「結局この潜入捜査により、JASRACが勝つんだろうか?」ってことです。でも正直、音楽文化全体を考えてみると「それは良いのか?」っていうのはありますよね・・それぐらい多めに見てよJASRACさん!って感じです。他にもやることあるだろっってね。
チューバッカ
誰かが言っていましたよ。誰かがね。私ではありませんよ?私では・・・ww

ネットの反応は

潜入調査についてJASRAC広報部は「演奏権は形に残らず侵害されやすい権利。調査は利用の実態を把握し、立証するために必要だ」と説明しています。

訴訟では、教室で講師や生徒の演奏が、著作権法が定める「公衆に聞かせる目的の演奏」に当たるかどうかが争われているそうです。

うわぁ…ガクガク(((n;‘Д‘))ηナンダカコ ワイワァ

日本から音楽が無くなるぞっ!

日本から音楽を根絶やしにするその日まで、 カスラックによる卑劣な音楽教室潰しは終わらないのかも知れない\(^o^)/

権利者の権利を守っているつもりだろうが、音楽の自由性と文化としての側面を全否定し、その権利を侵害していることに未だに気づけない。なぜイエスかノーかしな言えないのか。こいつらも頭が固い

さすがに卑怯だと思うが・・・そこまでする

JASRAC本気だ。

海外では当たり前、公的な組織が10年近く潜入するのも当たり前、普通のことだよね。

などのコメントがありました。

最後に

音楽教室で音楽を生徒を教えるためには、公衆の面前で演奏するのは必要だと思います。

また一生懸命練習した結果、上手くなったら誰かに聞かせたいっていうのは当たり前な感じもします。それで公然性っていわれても・・・ですよね。

聴衆からお金を取って演奏会するわけじゃないし、練習がダメなら何も出来なくなっちゃいますし・・・

あくまで私の個人的な意見なので、正しいかどうかはわかりませんが・・・なんか納得いきませんね。

もっとしかるべき所から著作権料を取れば良いんじゃないでしょうか?

今後もこういう問題は起きそうな予感がします・・・以上最後まで読んでいただきありがとうございました!