クレイグ・ファロンの死因!柔道元世界王者の経歴や実績、家族や結婚も調査!







毎日世界中で多くの命が生まれ、そして失われています・・・

今回は、世界柔道で知らぬものはいないであろう、クレイグ・ファロン氏が死去したという話題です。国際柔道連盟は16日、男子60キロ級で2005年世界選手権を制したクレイグ・ファロン(英国)が15日に死去したと発表した、36歳だったそうです。

英BBC放送(電子版)によると、死因は明らかにされていないとの事。五輪は04年アテネ、08年北京両大会に出場。今春から英ウェールズ・チームを指導していたそうです。

あまりにも早すぎる死・・・そこで調べましたが、彼の死因についてはネット上にあまり情報が無くて逆に気になっちゃいました!

そこで

クレイグ・ファロンの死因!

柔道元世界王者の経歴や実績、家族や結婚も調査!

時になったことを調査しました!

スポンサーリンク

クレイグ・ファロンの死因は何なのか?!

英BBC放送(電子版)によると、死因は明らかにされていないとの事でした。36歳という・・・あまりにも早すぎる死に驚きを隠せません。しかもスポーツマンってことなので不摂生な生活をしていた訳でも運動不足とかそういうのでもなさそうなのに・・・

36歳での訃報に驚きの声が多く出ています・・・

急死ともいえる今回のような場合は、自殺、他殺、病死、事故死などが死因の候補として上がるものですが、今回の場合このことに関する情報は一切出ていません。

報道によると英BBC放送(電子版)でも死因を明らかにしていないそうですが、今後関係者や現地の報道などから死因が特定される可能性もあります。

 

アミダラ女王

何だろう・・何かヤバい薬でもやっていたんだろうか・・・それとも自殺?

なんていろいろな想像をしちゃいますね・・・何かわかれば追記したいと思います。

 

クレイグ・ファロン(柔道元世界王者)の経歴や実績は?

プロフィール

名前:クレイグ ファロン(Craig Fallon)
生年月日:1982年12月18日
出身:イギリス イプスウィッチ
身長:167cm
階級:60kg級

階級もかなりライト(体重が軽い)なクラスですね。この小柄で甘いマスク、優しそうな雰囲気には女性のファンも多かったでしょう。

柔道は8歳の時に始めた。2003年の世界選手権では決勝で韓国の崔敏浩に小外掛で敗れて2位だった。翌年のアテネオリンピックでは3回戦で敗れた。2005年の世界選手権では決勝でオーストリアのルートウィヒ・パイシャーを有効で破って優勝を飾った。しかし、2008年の北京オリンピックでは3回戦でパイシャーに効果で敗れて7位に終わった。その後は66kg級に階級を上げるものの、2012年になると引退を表明した。2019年にはウェールズ代表のヘッドコーチとなったが、7月に36歳で死去した。

参照:wikipedia

とあります。

過去の戦績や経歴、実績をまとめました

柔道選手としての成績(戦績)

2001年 – ヨーロッパジュニア  2位
2002年 – 英連邦競技大会 優勝
2003年 – フランス国際 優勝
2003年 – ヨーロッパ選手権 2位
2003年 – 世界選手権 2位
2004年 – チェコ国際 優勝
2004年 – U23ヨーロッパ柔道選手権大会 優勝
2005年 – フランス国際 3位
2005年 – ポーランド国際 優勝
2005年 – 世界選手権 優勝
2006年 – ヨーロッパ選手権 優勝
2007年 – イギリス国際 優勝
2008年 – オーストリア国際 優勝
2008年 – 北京オリンピック 7位

となっています。

C3POさん
2001年から2008年にかけて、相当な実績を残していますね。改めてスゴイ人だったんだな~と思います。

クレイグ・ファロンが死去したが、彼は結婚はしていて家族はいた?

調べましたが、グレイグ・ファロン氏が結婚していたかは、情報がありませんでした。また家族についても分かりませんでした。

何かわかれば追記したいと思います。

もし彼に家族や恋人がいたとしたら、突然彼を失って、相当辛い状況にあることは間違いないでしょうね・・

最後に

国際柔道連盟は16日、男子60キロ級で2005年世界選手権を制したクレイグ・ファロン(英国)が15日に死去したと発表。まだ彼は36歳だったとの事で驚きの声が多数です。

英BBC放送(電子版)によると、死因は明らかにされていないとの事。五輪は04年アテネ、08年北京両大会に出場しています。

今春から英ウェールズ・チームを指導していたとの事なので、突然師匠を失った生徒たちは、かなりショッキングな状態でしょうね。今後の後任はだれになるのでしょうか?

お悔み申し上げます。

以上最後まで読んでいただきありがとうございました!