石崎徹の女性問題詳細は?パワハラで秘書が被害届?実家や学歴、経歴も調査!







今回は、石崎徹議員のパワハラが、デイリー新潮にスクープされている話題です。

石崎徹議員のスキャンダルが取り沙汰されるのは、3年前には週刊新潮が、女性秘書へのセクハラ&二股交際を報じて以降の事になります。

以前から、石崎徹議員のパワハラは永田町では有名らして過去に何人もの秘書がやめているそうです。なんて奴だ・・・

今回はパワハラと暴力で警察に被害届を出されたみたいです。まぁ、もう証拠もあるみたいなので、議員辞職レベルでしょうな~( ゚Д゚)

そこで

石崎徹の女性問題詳細は?

パワハラで秘書が被害届?

実家や学歴、経歴も調査!

と気になったことを調査してみました!

スポンサーリンク

石崎徹の女性問題詳細は?

いつ

2014年の4月に30代前半の女性を秘書と運転手という事で採用したことが発端です。

石崎徹議員は、この女性に対してセクハラをしています。

4月12日に歓迎会を居酒屋で開いた際にセクハラがありました。

どこで

4/12に新人秘書(兼ドライバー)の歓迎会を居酒屋で行った際の出来事です。

何があった

石崎議員は新人秘書(兼ドライバー)に対して、歓迎会の席で「胸を触りキスをせまりここでしようか」など行為をせまったそうです。

女性が断るとしつこくホテルに誘ってきたそうです。

翌日にも問題行動をします。

女性を車の後部座席に呼び何もしないと約束したのにもかかわらずキスをせまり体をさわりました。

 

アミダラ女王

この女性秘書は当然ながら事務所を退職しました。

そんな人が平然と議員をやっているなんて信じられない!即やめろ!即やめろ!

 

石崎徹のパワハラで秘書が被害届?

パワハラがあった証拠の動画

いつ

「このハゲー!!」の豊田真由子元議員を筆頭に、路チュー不倫の中川郁子氏、重婚ストーカーの中川俊直氏といった面々が並んだ自民党「魔の3回生」www。

ここに新たな名を刻むのが、石崎徹代議士(35)です。6月に秘書がパワハラ、暴行を受けたと警察に被害届を提出していました。

一体いつから?と気になりますが、「ずーっと前から」あった様です。それを苦に多くの秘書が退職していて、そのたびに新しい人が入るも耐え切れずに辞めるという事を繰り返していたそうなんです。なんていう酷い実態なのでしょう・・

どこで

石崎徹議員の暴言や暴行があったのは、主に車の中だったとの事です。人目につかない個室の中では、「本性」が出ていたってことでしょうか?

何があった

「仕事上のミスをあげつらって“バカ”“死ね”の連続。他に誰かみている前でもやりますから酷いと思っていましたが、実際は暴力まで振るっていたんです。この春には車の運転にケチをつけ、肩を何度も殴ったとか」と語るのは関係者です。

暴行を受け、ついに堪忍袋の緒が切れた秘書は、診断書をもらい、6月頭に被害届を提出。捜査の妨げにならないよう勤務を続けていたが、この7月、今度は石崎議員に蹴りを食らわせられる事件が起きた。それで、事務所を辞めたということです。

石崎徹議員の実家や学歴、経歴も調査!

実家はどこ

出身地 :新潟県新潟市東区 とありました。

石崎議員は新潟市東区で生まれ紫竹地区で育ったとの事です。

学歴は?

大学時代にマックス・ウェーバーの著書「職業としての政治」を読んで政治の世界を志したとの事です。

小学校 :大形小学校
中学校 :大形中学校
高校  :県立新潟高校
大学  :慶應義塾大学法学部 

という学歴をお持ちです。新潟高校は偏差値71で有名大学に多くの学生が進学する進学校なのだそうです。彼も頭は良かったんでしょうね。

これまでの経歴は?

名前  :石崎徹(いしざき とおる)
生年月日:1984年1月25日(32歳)
出身地 :新潟県新潟市
前職  :財務省
所属  :自由民主党

となっています。

石崎徹議員の年収

衆議院議員である石崎徹議員の年収
およそ2,200万円ほどになります。

月収はおよそ129万円
ボーナスがおよそ635万円となっています。

さすが国会議員、ビックリするような凄い給料ですね。
月収130万円って、そんな夢みたいな職業あるんですね!

私も国会議員になりたくなってきましたwwなれるかなw

最後に

過去の問題もありますので、ここまで証拠を出されたら議員をやめざるを得ないのではないかと思います。

豊田真由子議員の事もありましたので、このような事をすれば、大事になるのは分かっていたとは思うのですが・・・プレッシャーやストレスに負けてしまったのでしょうか?

28歳で初当選をはたし当選2回を誇る財務省の官僚出身のエリートですが、エリートだけに自分に甘い所があるのかもしれません。

残念です。