【実例つき】英語でlolの読み方や意味は?使い方やニュアンスも調査!







インスタやFacebookなどで「lol」と書かれているコメントを見たことがある人も多いかと思います。なんとなく、意味は知っているけど、人に説明してといわれるとちょっと・・って人も多いのではないでしょうか?

「lol」は一体何を表しているのか、そもそもどう読むのか、ご存知ですか?今回の記事では「lol」の意味、読み、そして使い方に加え、「lol」以外でネイティブがよく使っている英語表現を詳しく説明していきます。

【実例つき】英語でlolの読み方は?

「lol」はそもそも、日本語の「(笑)」と同じような感覚で使われている表現です。

「lol」を言葉として読むというよりは、一種の記号として文章の最後につけて使われているので実際にどう読むのか?と言われても、「読み方はありません。 」

なので、「lol」という表現を目にした時は、「(笑)」のような感情が表現されているんだな、と心の中で思うだけでOKです。頑張って声に出して読む必要はありません。もし誰かに、どうしても読み方を知りたいといわれたら、「読むものではないんだよ」って教えてあげてくださいね。

まぁでも、「(笑)」を「ワラ」と呼んでいる人がいますよね。

たとえば、「マジウケる(笑)」を「マジウケル・・ワラ」みたいな感じでw

なのでlolも無理やり読もうと思えば「ロル」とか読むんでしょうかね?違和感しかないけどww

【実例つき】英語でlolの意味は?

ネット上で「lol」をみると、どういう意味なんだろう?と不思議におもったことはないですか?私はあります。もともと英語が好きだったので、結構ネットスラングとかも見る機会はあったのですが、今回初めて知ったこともありました。まさに目からウロコですね。

「lol」の意味は「laugh out loud」もしくは「laughing out loud」の略語で、SNSやチャットなどで面白いことがあった時に英語圏の人がよく使うネットスラングです。

laugh=笑うっていう意味ですよね。なので何か面白い話題を持ってきて、その後ろに「lol]をくっつけるという使い方ですね!

日本でいうと「(笑)」や「w」などと同じイメージでよく使われます。

【実例つき】英語でlolの使い方は?

「lol」の使い方は二通りあります。

ひとつはFacebookやツイッターなどのSNSを利用する場面で思わず笑ってしまう投稿に対して「lol」とコメントする使い方です。

たとえば

(SNSなどの投稿に対してのコメントで) He is awosome! Lolol

→意味:彼って本当最高!www みたいな感じですね。

もうひとつは、文章の最後に「lol」とつける使い方です。

たとえば

The video on Youtube was so funny!! lol

→意味:Youtubeに載っている動画めっちゃ面白かった!(笑)

また、特に面白い時には「lolololol」などと続けて、「www」のように表現することもあります。いくつかくっつけることで、その面白さをより際立たせるというか、大げさに表現することが出来るのはシンプルで分かりやすいですよね!なので小さい子どもから大人まで多くの人がこの表現と使っているみたいですね!

しかし、注意しないといけないのは、「lol」はあくまでスラングなので、ビジネスで使う書面や、上司への連絡などで使うのはNGです!怒られちゃいますからね( *´艸`)

【実例つき】英語でlolのニュアンスも調査!

では、ネイティブの人はどんな感じで使っているのでしょうか?気になりますよね?

ネイティブのlolの読み方がある?

上記でも紹介しましたが、「lol」をあまり音にして読む人はいませんが、ネイティブは心の中で、アルファベット読みの「LOL(エルオーエル)」や、「lawl(ラウル)」、そしてLOLの元となっている「Laugh Out Loud(ラフアラウド)」と読んだりします。

これは、日本語の(笑)と同じですね。わざわざ声にだして「わら」と言う人はあまりいないと思いますが、心の中では「わら」と読んでいる人が多いのと一緒です。どこの国にも同じような言葉や、感覚があるってことなので面白いですね!

ネイティブの「lol」の使い方は奥が深い?

ここでは「lol」とは違う形でネイティブが良く使う英語表現を紹介します。

①「loled」 とは「lol」の過去形です。「lol」に過去形の「ed」が付いた形です。 「loled」は動詞として使います。

たとえば

Did you check the new video of John? It was too funny and I loled for hours.

→意味:ジョンの新しいビデオ見た?おもしろ過ぎてめっちゃ笑ったよ! のような感じ。

過去形もあるんですね。ウケるww

 

②「for the lols」 「おもしろ半分に」というニュアンスで使われます。同義語に「for fun」がありますが、「for the lols」の方がよりくだけた表現です。

I went out half-naked for the lols when it rained yesterday.

→意味:昨日雨が降った時、面白半分で上半身裸で外に出てみたぜ!

 

③「laugh out loud = laugh so hard」 「lol」は「laugh out loud」の略語ですが、同義で使われいる英語表現に「laugh so hard that…」があります。 これは、so that 構文が使われいるので、「…するくらい笑う」というニュアンスです。

例えば「涙が出るほど笑う」は「laugh so hard that tears come out」となります。

I laughed so hard that I almost peed myself when I heard the news of Alex.

→意味:アレックスのニュースを聞いた時はチビるくらい笑ったよ!

みたいな感じですね。でも・・・ここまでくると、なんか普通の英語になっちゃって、SNSとかで気軽に使える表現ではなくなっちゃいますね!なので最後のはスルーでも良いです!

最後に

最近では英語の授業が必須になったりしていて、学校の授業内容も変わってきているらしいですね。

まさに世界のグローバル化で英語学習の重要度が高まっています。

留学や海外で就職を検討している方はもちろん、国内に住みながらも訪日外国人旅行者数の増加や企業の英語公用語化などの影響で、英語学習の必要性に迫られている方も多いのではないでしょうか?

C3POさん
私の会社でも実際に英語の学習が奨励されていて、TOEICで800点以上取ると毎月「語学手当」っていうのがもらえます!ちなみに私もその一人で、毎月1万円もらっていますlol

この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。

以上最後まで読んでいただきありがとうございました!

ネイティブが使う英語に興味がある人にはこの本がオススメです!

正しいFUCKの使い方 学校では教えてくれない、取扱注意のFuck、Shi (TWJ books) [ 英語表現研究会 ]