海外旅行向けの英語を1か月で?独学の勉強用におすすめのアプリや本は?







もーいくつ寝ると~、夏休み♪っと( *´艸`) 今の段階で今年の夏休みの9連休を楽しみにしている私です。

子どもの相手をして、ちょろっと近所のイオンに買い物に行って、公園に行って・・・であっという間に仕事始め(;´Д`)ってことになるんでしょうが・・海外旅行とか行ける人がまじで羨ましいなぁ~と思う今日この頃です。中にはこれから海外旅行とか海外出張に行く人もいるかもしれません。

どーせなら少しでも英会話を覚えて、現地の人とのコミュニケーションを楽しみたいですよね?

「あと1ヶ月したら海外赴任!」「留学まで残り1ヶ月になっちゃった・・・」と焦りを感じている皆さん、英会話の学習は進んでいるでしょうか?

今回は、現地で日常生活を送っていくにあたって、短期決戦で英会話スキルを高めたいと思っている方向けに、おすすめの学習法をご紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

海外旅行向けの英語を1か月で?

それは、海外旅行や出張が迫ってきている人にとっては、1から10まで詳しく英語の勉強をしている暇はありませんよね?何か手っ取り早く、最低限の英語をマスターしたいって思うはずですね。

 

BB8くん

そう、ご存知だとは思いますが1か月で英語をマスターしようと思ったら、「最初からネイティブみたいな英語ペラペラを目指してはいけない」ということです。

英語をぜんぜん話せない状態から、いきなりネイティブみたいに話せる状態になれるわけがありませんよね?目指すのは本当に最低限!です(^^♪ 海外旅行や出張用であればそれで充分だと思います。

 

まず、英会話ができない状態から英語ペラペラになる過程というか段階としては、

  1. 最初はぜんぜん話せない状態

  2. 短いカタコト英語を何とか言えるようになる

  3. 少し長いカタコト英語を話せるようになる

  4. それからやっとスムーズに話せるようになってくる

というのが普通です。

いきなりネイティブみたいに英語ペラペラに話せることを期待していると、カタコト英語を話すのが恥ずかしくなったり、間違えるのが怖くなったりして何も話せなくなってしまいます。この「恥ずかしさ」って誰に対しての恥ずかしさでしょうか?海外では自分の知り合いはいません。別に知らない人なんだから、少しくらい恥ずかしい部分をさらけ出しても良いのではありませんか?

なので最初は、「カタコト英語でも良いのでコミュニケーションできるようになる」ことを目標にしましょう。

気の利いた英語フレーズ、格好いいフレーズを使うのは、3ステップ勉強法で英語を話せるようになってからです。

それでは、3ステップ勉強法を紹介します。

英会話を独学で身につけるには、以下のステップで勉強するのが最短コースです。

ステップ1:基礎文法を一気に学ぶ
ステップ2:基礎文法を「知っている」から「使える」にアップグレードする
ステップ3:効果的なアウトプットを繰り返す

です。これから、各ステップについて詳しく説明します。

ステップ1:基礎文法を一気に学ぶ

英会話に文法は絶対に必要

文法というのは、単語をどのような順序で並べるかを論理的にまとめたものです。

文法を知らなければ、どんな順序で単語を並べたらいいのか分からないので、デタラメな英語になってしまいます

中学英語の文法で十分なのでマスターしよう

まずは、中学レベルの英文法を復習しましょう。というのも、日常会話レベルの英会話であれば、中学レベルの英文法だけで十分に間に合うからです。

もし信じられないのであれば、ハリウッド映画のスクリプトをネットで見つけて、登場人物の台詞を調べてみたら分かるはずです。映画は世界中の人向けなので「万人に伝わる」ものでなければいけません。そうなると、必然的に「簡単で」「伝わりやすい」英語を使う必要があるんですよね!

だから、英会話を独学で身につけるには、まずは中学レベルの英文法を復習しましょう。

ステップ2:基礎文法を「知っている」から「使える」にする

ステップ2では、ステップ1で学んだ文法を使えるレベルにアップグレードしていきます。

ステップ1で学んだ文法は、知識としてすでに頭の中に入ってはいますが、英語ペラペラになるにはまだ役に立ちません。

自動車の運転を本から学んで知識はあっても、実技が出来ないので実際の運転ができないのと同じ理屈です。

そこで、ステップ2では、英語ペラペラになるために、瞬間英作文トレーニングで英語を体で覚えます

瞬間英作文とは何?

英会話を独学で身につけるために英語を体で覚えるには、瞬間英作文でのトレーニングが効果的です。

瞬間英作文=短くて簡単な日本語文を見て、それを瞬間的に英語に訳す練習 のことです。

長い文章を時間をかけて翻訳するのではなく、短い文章を瞬間的にたくさん作ることで、英会話のときに役立つような、すばやい英作文力を伸ばすことができます

たとえば、

「私は、来週、この小説を読むつもりです。 」

という日本語文を見て、すぐに

I am going to read this novel next week.

のように英語に訳して声に出していいます。

瞬間英作文では、同じようなパターンの文をたくさん英作文することで、そのパターンを体で覚えてしまいます。

上記の英文のようなパターンを覚えるなら、

「私は、新しいナイフを使うつもりです。 」

I’m going to use the new Knife.

「あなたは、3時半に、彼女と会うつもりです。 」

You are going to see her at three thirty.

のように、同じパターンの英作文をたくさん練習していきます。

こうした練習を繰り返すことで、頭の中で自然に英文を組み立てることが出来るようになります。

ステップ3:効果的なアウトプットを繰り返す

英会話を独学で身につけるには、インプットだけでなくアウトプットをたくさん練習する必要があります。

インプットというのはステップ1やステップ2のように、英会話教材などから文法や知識を頭に覚え込ませる作業のことです。

アウトプットというのは、頭に入っている知識を取り出す練習をすることです。つまりインプットは「中にいれる」アウトプットは「外に出す」という違いがあります。

英語で話すという作業は、アウトプットを素早く行うという作業なので、英会話を独学で身につけるにはアウトプット練習が必ず必要です。

アウトプットの練習は、以下の3つの方法で行うと効果的にできます。

  1. 英文日記を書く

  2. 趣味や仕事について英作文する

  3. 英会話スクール

ここでは英文日記についてご説明します。

英文日記を書く

英文日記とは読んで字のごとく、「その日の出来事を英語で日記に書く」ことです。

最初から英語で書くのが難しい場合は、最初は日本語で書いてから英語に書き直すという順序でもかまいません。もし、英語でどう表現していいのか分からないところがあるときには、簡単な言葉に置き換えて英作文します。

たとえば、以下の文を英語で書くとします。

今日は、朝5時に起きてカーテンを開けた。

7時半までに会社に行くには、 6時には家を出なければいけないので、急いでシャワーを浴びて朝食をとった。

 

このままでは英作文できない場合は、以下のように書き換えます。

今日は、私は朝5時に起きた。

そして、私はカーテンを開けた。

私は、7時半までに会社に行きたい。

だから、私は6時に家を出なければいけない。

だから、私は、急いでシャワーを浴びて、そして朝食をとった。

 

これなら中学2年くらいの英語力でも十分に対応できます。文章の一つ一つが短くなったので英文を作りやすくなりましたね。

日本語文を英語に訳すという方法で日記を書いていると、そのうちに慣れてきて最初から英語で書けるようになってきます。日記を書いていて心配になるかもしれませんが、文法や表現を間違っている可能性はありますが、気にしないでたくさん書くことに集中してください。ここでは、正しい文法を練習することが目的ではなく、頭に蓄えた知識をすばやく取り出す練習をすることが目的だからです。

こうした練習を繰り返すことで、蓄えた知識を外に出すことが出来るようになります。

海外旅行向けの英語で独学の勉強用におすすめのアプリは?

現在英語学習をしている方の中には、英会話をアプリでサクッと学びたい人もいるかと思います。すごく今どきですねw

「英語学習をスマホで学びたい」
「英語学習にお金をかけたくない」
「おすすめの英語学習アプリを知りたい」

今回は、アプリを使って英会話力をつけたい方におすすめの無料アプリをご紹介します。

ここではたくさんあるアプリの中から「3つ」ご紹介します。

無料アプリ1:duoLingo

duoLingoは世界1億2000万人が利用する、英語学習アプリです。リーディングから、リスニング、スピーキングまで、幅広い学習コンテンツがあり、目的別に学習を進めることができます。

無料でここまでしていいのかと言いたくなるほど充実した内容なので、ダウンロードして損はないと思います。

英語レベル

初級〜中級

おすすめ活用法

英文法の基礎から学べるので、英語初心者はまずここからはじめてみてみると良いと思います。その他の人は、目的別に学習ができるので、自分が苦手な部分に特化して学習を進めていきましょう。

URL

iOS版アプリページ(https://apple.co/2RTbvcq
Android版アプリページ(http://bit.ly/2PybWqG

無料アプリ2:ゲームで英語を学習!英語物語

英語物語はRPGのストーリーを進めながら英語を学んでいくアプリです。RPGで英語の勉強ができるなんて夢のようですね!

アプリ内では、敵と戦う時に問題が出てきて、適切な回答を選べば攻撃をすることができます。

ゲーム感覚で英語学習ができるので、挫折しにくく、継続しやすいです。私もこのゲームを使用していますが、時間を忘れて遊んでしまっていることがあります。

英語に苦手意識がある人は、ぜひ試してみてください。きっと英語学習へのハードルが下がると思います!

英語レベル

初級〜中級

おすすめ活用法

ゲーム感覚で楽しめるので、スキマ時間を利用してプレイしてみてください。

URL

iOS版アプリページ(https://apple.co/2QMkajm
Android版アプリページ(http://bit.ly/2Lbv0KF

無料アプリ3:英単語アプリ mikan

英単語アプリ mikanは、TOEICやTOEFL、英検、日常会話など幅広いジャンルの英単語が学べるアプリです。

遊び方は簡単で、単語が分かれば右へスワイプ、分からなければ左へスワイプしていきます。

知らない単語は繰り返し学習できるので、単語が頭に定着しやすいです。さらに、単語は音声で発音してくれるのでリスニングにも最適です。

ゲーム終了後は、確認テストもあるので、しっかりと単語を学習することができます。ここまでできる無料アプリは珍しいので、ぜひダウンロードしてみてくださいね!

英語レベル

初級〜上級

おすすめ活用法

スワイプすることで、サクサク進めることができるので、スキマ時間を利用して学習を進めてみてください。片手でできるのも嬉しいポイントですね。

URL

iOS版アプリページ(https://apple.co/2UBG1cj
Android版アプリページ(http://bit.ly/2rvNgFw

海外旅行向けの英語で独学の勉強用におすすめの本は?

聞くだけなので手軽に続けられる

聴くだけ! 海外旅行英会話 ([CD+テキスト])

忙しい現代人には腰を据えて勉強している暇はない!スキマ時間を活用しよう!ってことでコチラです。

実際の口コミは↓ でご紹介しています。結構良いみたいですね!

本当に簡単なワンフレーズだったりするので、CDを何度も繰り返し聴いていると
覚えてしまうくらいです。使う機会がどれだけあるか分かりませんが、頭に
なんとなくでも入っているのと入っていないのでは違うと思いました。

車に、乗っている時間が長いので、毎日1時間位BGMがわりに聴いてます。先に日本語→英語の順なので、心積もりしてから、英語を聴くので、英語では、こう表現するんだぁと後から解釈できるのが、忘れやすい私の頭に合ってるようです。あの、有名な高価な聞き流し教材も買ってみましたが、先に英語→日本語なので、英語が頭に残らず私は解釈しにくいので、聞き流すのでしたら、こっち英会話のほうが私は好きです。安いし!

私がアメリカ留学向けに実際に買ったのはこれです

万能フレーズで話せるトラベル英会話 英会話タイムトライアル (NHK CD book) [ スティーブ・ソレイシィ ]

実際の口コミは↓ でご紹介しています。結構良いみたいですね!

タイムトライアルを何度か聞いたことがあって、この方の本なら楽しく英語を学べるかな、と買ってみました。
結果、買って正解。旅の途中で遭遇する様々な問題に対して「あぁ、難しく考える必要はなかったのか」と目からウロコです。いい本に出会えました。

NHKラジオ講座の英会話タイムトライアル同様、とにかく自分の口で話してみるスタイル。
覚えるのは色々な言い換えのきくいくつかのフレーズだけ。
あとは応用をきかせてとにかく自分の口でとっさに話す。
英会話辞書としての使用が目的だと役不足かもしれませんが、実際全然英語が話せない状態でアメリカで生活してみて、必要なのはこういう力だと感じています。

いかがですか?

詳細が気になる方は是非↑のリンクで確認してみてくださいね!

最後に

いかがでしたか?

海外への渡航を控えて英語学習をしている方でよく聞くのが「とりあえずテキストを1冊買ったんですが何から始めればいいのか・・・」「オンライン英会話を始めてみたものの成長が感じられなくて・・・」というものです。

英会話のスキルを上げていくためには、さまざまな方法でバランスよく学習に取り組んでいかなくてはなりません。ましてや期間が1ヶ月と短いような場合にはより効率的なスキルアップが求められます。

アプリでも本でも、youtubeでもなんでも使って、英語をスムーズに使う力を身に着けて、海外での生活を楽しめるように頑張りましょうね!

以上最後まで読んでいただきありがとうございました!