香港空港いつまで封鎖(閉鎖)続くの?デモはなぜ起きた?運行状況は現在どうなっている?







香港空港にいるが、香港空港でデモがあり、封鎖されているから空港が封鎖されて旅行も帰国もできないし、どこにも行けず困っている。できれば香港空港で休めるところを知りたい。ラウンジは無料で使えるのか?も知りたい。

そんなあなたの疑問や不安にお答えしていきます。

この記事を最後まで読むことで、「香港空港はいつまで封鎖(閉鎖)が続くのか?デモはなぜ起きたのか?現在の運行状況はどうなっている?」が分かるようになります。

では早速「香港空港いつまで封鎖(閉鎖)続くの?」

から解説していきます。

スポンサーリンク

香港空港いつまで封鎖(閉鎖)続くの?

今のところ、正式に封鎖を解除するという報道はありません。なのでいつまで空港が封鎖されるのかはまだ報道されていませんでした。

ただ、8/12の深夜には空港内にとどまっていたデモ隊も、徐々に撤収していて、8/13の7:00頃の便からは通常通りの運航を目指して調整中という話もあります。

そもそも、空港が封鎖された理由は、8/12日の午後、「逃亡犯条例」改正案に反対するデモ隊がロビーなどに多数集結し、空港の運営が「深刻に妨げられた」ことを理由にしています。中国政府は声明を発表し、デモ隊が「深刻なテロの兆候を見せ始めており、市民に脅威となっている」とけん制。なのでこのデモ隊が撤収すればおのずと運行も開始するのではないでしょうか?

C3POさん
なんだかんだで、世界一のハブ空港としてめちゃくちゃ大きい空港だし、このまま運行を止めていたら世界中に大きな悪影響が出ちゃいますからね~

香港空港でのデモはなぜ起きた?

きっかけは一人のデモ隊のメンバーの女性が、警察にケガ(重症)を負わされたことみたいです。

香港の警察は先週末、市内約10か所でデモ隊と対峙(たいじ)した際に、地下鉄の駅や混雑した商店街で催涙ガスを使用。一方、デモ隊は、機動隊に対しれんがを投げたり、消火器を噴射したり、ホースで水を掛けたりして対抗しました。こうした激しいやり取りの中では当然ですが双方に負傷者が出ます。

当局によると、衝突により45人が負傷し、うち2人が重傷を負った。負傷者の中にはビーンバッグ弾で顔を撃たれたとされる女性が含まれており、女性はこれにより失明したといううわさも流れています。

BB8くん
今回、香港空港に集まったデモ隊は、「負傷した女性の為に集まろう」というスローガンのもと、終結しています。「右目を撃たないで」などと記載されたプラカードを掲げている人も多くいました。

香港空港の運行状況は現在どうなっている?

香港空港によると、2019年8月13日の朝7:00頃の便から、順次運行を再開する予定で、スケジュールを調整しているそうです。まだしばらくは混乱が続きそうですが、そのうち解消されるでしょう。

13日午前6時(日本時間同7時)の空港再開を目指していると発表したが、到着ロビーには8/12の深夜になっても数百人のデモ隊がとどまり、退去する様子を見せていないそうなので、まだまだ予断は出来ない状況になります。

ただ、デモ隊のリーダーらは8/12の午後5時ごろ、「目的を達成した」として参加者に空港からの撤収を呼びかけ始めたもようです。一部の暴徒が空港に残っているとはいえ、そんなに大したことは無いと思うので、運行開始もほぼ間違いないと思われます。

香港空港内のラウンジは誰でも無料で使えるのか?

空港のラウンジといえば、食べ飲み放題、ソファーでくつろぎ放題、シャワーも使えて眠ることもできる・・・そんな夢のような休憩スペースです( *´艸`)

誰でも使えるのか?

答えは、「NO」です。誰でもは使えません。香港空港のラウンジに入ってサービスを受けることが出来るのは

①空港ラウンジが使える特典付きの航空券を購入した人

②クレジットカードにラウンジ利用の特典がついているものを持っている人

③以下の利用料を支払って利用する

のどれかです。

それ以外の人は利用できません。まさに特別な気分を味わえるサービスですね。

無料で使えるのか?

答えは「NO」です。無料ではありません。

ラウンジはもちろんお金さえ払えば利用できますが、非常に高額なのでもったいないです。

2時間の利用料金 580HKD(約7,900円)

シャワー+朝ごはん(1時間) 270HKD(約3,680円)

やばくね・・・?ちょっとしか使わないのに、こんなにかかるのかよww

ちょっと高過ぎなのでおすすめしません。

まとめ

いかがでしたか?

今回は「香港空港はいつまで封鎖(閉鎖)が続くのか?デモはなぜ起きたのか?現在の運行状況はどうなっている?」についてご紹介しました。

一刻も早く香港空港が通常のフライトスケジュールに戻って、旅行客の皆さんが楽しい空の旅を楽しめるようになると良いですね。

以上最後まで読んでいただきありがとうございました!