財津一郎は生きてて死亡はデマ?今現在は病気療養中?CMが変わらない理由はなぜ?







財津一郎の出演しているタケモトピアノのCMを見て、現在も生きているのか気になった。タケモトピアノのCMがかなり古いので、出演者はすでに亡くなっているのかな?と思ったが、調べてみると実は財津一郎は生きてて死亡はデマ?今現在は病気療養中との事だがどうなんだろう。できれば財津一郎のプロフィールや経歴も知りたいので教えてほしい。

そんなあなたの疑問や不安にお答えしていきます。

この記事を最後まで読むことで、「財津一郎は生きてて死亡はデマ?今現在は病気療養中?CMが変わらない理由はなぜ?」が分かるようになります。

では早速「財津一郎は生きてて死亡はデマ?」から解説していきます。

スポンサーリンク

財津一郎は生きてて死亡はデマ?

財津一郎さんは、現在年齢84歳で生きています!死亡しているなんて噂もありますが、デマです!生きています!

1度病気を克服されていて、またタケモトピアノのCMの中で、財津さんの歌声やギャグも生きています!

残念ながら、現在の芸能活動は休止はされていますが、元気で幸せな人生を歩んでほしいものですね!

事務所の登録は残っている=引退はしていない

財津一郎さんは、芸能事務所に俳優として登録はあります。また引退発表もありません。芸能活動は休止中ではありますが、生涯役者を貫くのでしょうね。すごいプロ根性です!

財津一郎は今現在は病気療養中?

財津一郎さんの誕生日は1934年2月22日なので、現在の年齢は84歳であり80歳オーバーです。彼はこれまでに既に一度、脳内出血で倒れてますので、日ごろの生活や健康管理にはとても注意はされていると思います。現在も病気療養中ってことに変わりはない様ですね。

61歳の時に脳内出血で倒れ、その時に緊急手術を受けています。現在も何本もの”びょう”が右脳を固定しているため、時々頭にピリピリ感じることがあり、それを感じると「お迎えかな?」と不安になることもあるそうです。

C3POさん
コワっ、こーゆービリビリは怖いわぁ~スゲー治療法やなしかし。。。他に手段はなかったんかぃ~

タケモトピアノのCMが20年くらい内容が変わらない理由はなぜ?

タケモトピアノさんによると、

「ピアノを買い取らせていただく会社のCMですから、歌って踊れる人のほうがいい。また、『売ってちょうだい』というセリフも財津さんならではです」(タケモトピアノ広報担当者)

それにしても19年とは、随分と放送期間が長いのでは・・・。という問いに対しては、

「つくり替える理由がありませんから。好評どころか、年々評価が高まっています」(同・タケモトピアノ広報担当者)赤ちゃんに評判がいいから、変えないほうがいいんです。そして、内容を変える必要が無いんです。だそうです。

むかし「探偵!ナイトスクープ」で、
「泣いてる赤ちゃんに財津一郎のタケモトピアノのCMを見せると、
ほぼ100%、泣きやんで、みんなくぎ付けになる。
赤ちゃんにとって何がそんなに魅力なのか調べてほしい」という依頼が来たそうです。

で、数人の赤ちゃん~幼児を集めて調査したところ、
それまで泣いたりぐずっても、
財津一郎のタケモトピアノのCMを見せた途端、みんながストップして、
TVにくぎ付けになった。
2バージョンCMはあるが、ほぼどちらも同じ反応だった。

専門家も苦笑いしていたが、財津一郎の声の出しかたと、レオタード?の女性たちの動きに
子供たちの何かを動かす魅力があるのだろう、って結論だった。

今でも赤ちゃんたちを泣き止ませるなら「財津一郎のタケモトピアノ」
という伝説が続いてるんだと思う。
タケモトピアノには「もし何かあっても、あのCMだけはやめないで!」
という要望書が届いていると思う。それくらい、赤ちゃん&幼児のぐずり対策にはタケモトピアノのCMが絶大な効果を発揮するみたいですね!

財津一郎のプロフィールや経歴は

・誕生日
1934年2月22日
・星座
うお座
・出身地
熊本県熊本市
・血液型
O

財津さんは、演技の勉強をし、帝劇ミュージカルの研究生となる。「財津肇メ」の芸名で石井均一座に入門。1964年には吉本新喜劇に参加し、芸名を現在の財津一郎に改名した。「非っ常にキビシ〜ッ!」や「〜してチョウダィ!」というギャグで一世を風靡。タケモトピアノのCMにも出演し、大ブレイク。一方で俳優として重厚な演技を見せるなど、本格派の名優として活躍しました。

最後に

財津一郎さんが健康を保つために50歳から始めたゴルフは、病気になってからも「生きている証し」として続けていますが、80歳を過ぎた今もクラブを握っているのかは定かではありません。健康法では、足踏みマッサージと記されています。

朝日新聞の定年時代では、野球に熱中するお孫さんと二人旅をするのが夢と語っていましたが、その夢を実現するまでは元気でいてほしいです。

タケモトピアノのCMと同様、いつまでもみんなの心に残る存在であり続けてほしいですね!

以上最後まで読んでいただきありがとうございました!