高井崇志(たかし)立憲民主党議員の評判は?出身中学や高校、大学はどこ?







高井崇志・立憲民主党議員が、韓国の議員との私的な食事の席で発言した内容が話題になっています。

「歴史、慰安婦、独島問題に対して我々はあまりよく知らなかった。これまで関心を高く持つことができなかったようだ」「人権的次元で韓国側の感情に十分共感して理解する」などと発言し、「アンチ安倍」「次の選挙では必ず落選させる」などと炎上しています。

私は個人的に

高井崇志(たかし)立憲民主党議員の評判は?出身中学や高校、大学はどこ? について気になりました。

調査してみましたので是非参考にされてください!

スポンサーリンク

 

高井崇志(たかし)立憲民主党議員の評判は?

今回、高井議員の「歴史、慰安婦、独島問題に対して我々はあまりよく知らなかった。これまで関心を高く持つことができなかったようだ」という発言に関して耳を疑いました。国会議員の口からこのような言葉が出てはいけないと思いますし、ましてやそれをよく考えもせずに他国の議員に対して伝えるべきではないですよね。

ネット上でも評判は最悪でした。

・政治家ならきちんと自国の歴史を知るべきです。そうでなければ、外国に都合のいい“歴史観”に容易に洗脳される危険があります。

とりわけ日本に対する歴史認識問題を拡大し、不要に追及する国には気をつけるべきです。

知識もないのに外国に行き、ほいほいとのせられて安易な発言をするのは慎んでいただきたい。国会議員は全国民の代表として国益を守る義務があります。無知を晒して日本と日本人を貶める権利なんぞありません。

・立憲民主党はやっぱり支持できない

・立憲民主党など野党には政権は任せられないと良くわかる記事です、共感できない理由がわかりました。

などの評判がありました。

今回の発言で、立憲民主党はさらに票を失いそうですね。

高井崇志(たかし)立憲民主党議員のの出身中学や高校、大学はどこ?

出身中学は

函館ラ・サール中学卒業だと思われます。

出身高校は

wikipediaによると、高井さんは函館ラ・サール高校卒業との事でした。

函館ラ・サール中学校・高等学校(はこだてラ・サールちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、北海道函館市に所在し、学校法人函館ラ・サール学園が設置・運営する私立男子中学校・高等学校。中高一貫教育を提供し、高等学校においては2年次から混合クラスを編成する併設混合型中高一貫校となっています。

北海道出身の彼は、エリート街道まっしぐらだったようですね。

出身大学は

最終学歴が、東京大学経済学部卒業との事です。

卒業論文のテーマが「NTT分離分割論」であったため電気通信行政に関心を持ち、大学卒業後は郵政省に入省、電気通信局電気通信事業部に配属されました。ミュンスター大学への留学を経て、帰国後は大臣官房総務課行政改革担当係長や総務省情報通信政策局放送政策課課長補佐を務めることに。岡山県企画振興部情報政策課へ出向中に総務省を退官し、岡山県選挙区選出参議院議員・江田五月の秘書に転じることになります。

その後は国会議員に立候補、紆余曲折を経て今の立場にあります。

ラサール→東大→国家公務員→国会議員・・・って順調にステップアップしていますね。スゴイ・・・誰にでもできることではないな~と感心してしまいました!

ネットの反応は

・「歴史、慰安婦、独島(トクド、日本名・竹島)問題に対して我々はあまりよく知らなかった。これまで関心を高く持つことができなかったようだ」

↑議員さんがこれで良いのかね。
別に私も安部首相は好きではないが、アンチ安部と韓国問題は全く別の話。
個人の感情で余計な事しないで欲しい

・正気なのかな?

・こういうのを見るとやはり、立憲を支持できないのは当たり前。

・状況を理解出来ない議員って、いる意味無いんじゃないかな。
立憲民主の立ち位置を示してくれたので、それだけは評価してあげます。

などの反応がありました。

次の選挙戦は、立憲民主党は厳しい戦いになりそうですね。

そして高井議員はこのままいくと次は当選しないんじゃないか?と思われます。

最後に

いかがでしたか?

今回は高井崇志(たかし)立憲民主党議員の評判は?出身中学や高校、大学はどこ?についてご紹介しました。

冷え込んだ日韓関係に対して、対策をとるのは国会議員の務めではありますが、「歴史、慰安婦、独島(トクド、日本名・竹島)問題に対して我々はあまりよく知らなかった。これまで関心を高く持つことができなかったようだ」という発言はちょっといただけないですね。

今後はもっと勉強してからいろいろな発言をしていただきたいと思います。頭は良い人なんでしょうから、是非日本の国益の為に頑張ってほしいものですね!

以上最後まで読んでいただきありがとうございました!