年末調整の還付金で平均はいくら?計算方法は?いつもらえるのかも調査!







年末調整の還付金はもらえるとなんとなく嬉しいですよね。

皆さんも、年末何かと入用かと思われますし、還付が少しでもあると助かりますよね。

みなさん平均でどのくらいもらえるものなのでしょうか。

計算方法はどうなっているのか、いつもらえるのか?など気になることを調査してみました。

スポンサーリンク

年末調整の還付金で平均はいくら?

そもそも年末調整とはどういうものなのでしょう。

基本的に同じような仕組みをもっている個人で行うものが確定申告、企業で行うのが年末調整ですね。

簡単にいうと給与から毎月引かれる所得税は一定額ですが、残業や業績による賞与額などその時々変動しますよね。

それを年末に調整するわけです。

つまり、多く払っていれば還付され、少なければ徴収されるのです。

ヨーダ師匠
それじゃあ人によって違うわけだから平均額を出すのはなかなか難しいところだね

 

さらに言うと配偶者や生命保険などの控除額も絡んできます。

 

ヨーダ師匠
独身か既婚者、保険加入の有無によっても変わるということか

 

たいていの企業は毎月多めに徴収しているので年末に還付される事が多いです。

また、配偶者がいたり、子どもがいたり、保険に多く加入しているから必ず還付される、独身だから還付されることはない、ということは必ずしもな条件ではありません。

年末調整の還付金の計算方法は?たまに間違っているって本当?年末調整の仕組み

 

年末調整の還付金があると仮定してざっくりと計算方法と仕組みについて紹介します。

  1. 給与と源泉徴収額の総額を出します。
  2. それぞれ控除額を出します。
  3. 所得税から控除額を引いた差額を出します。(算出所得税額
  4. 特別控除額がある人はそれを出します。
  5. 算出年税額から特別控除額を引いた差額を出します。(年調年税額
  6. 年調年税額から実際に支払っている税額を引いて差額を出す。

 

税金もそうですが社会保険の保険料など、標準報酬月額を出してから見込みでその人の月額の保険料を算出して徴収していきますが、昇給があったり、逆に減給があったり、先に書きましたが業績が良く特別に賞与があったり、日々の残業等で報酬が変わることがあります。

そういったものを一年の区切りをつけて調整していきましょうということなのです。

 

ヨーダ師匠
毎月綿密に計算して!というのは会社の規模にもよるけれど負担大ということだね

 

色々な要素と年間通しての作業になるので、たまに間違っている??という話がちょくちょく聞かれますが、推測ですが要因として考えられるのが控除の申請が届いていない、翌月に計算が回されているなどの認識、確認がそれぞれ食い違っていることです。

世間の声をあげてみます。

 

 

ヨーダ師匠
色々知っておかないと混乱するな

年末調整の還付金はいつもらえるのかも調査!どんな人がもらえるのか?条件はあるのか?

 

年末調整の仕組みから計算方法までざっくり紹介してきましたがこんな大事なもの一体いつもらえるのでしょうか??

先に何度か書いていますし、字面からもなんとなく想像できますが、年末とあるので12月の給与と一緒にというところもあれば、12月に計算して1月に!というところも、さらには12月を年末として年内最後の賞与が12月の会社は賞与と一緒にというところもあるようです。

大体12月の給与と一緒というところが一般的なようです。

ヨーダ師匠
締めくくりでもあるし、その年のことはその年のうちにということかな。

金額は住宅控除があると10万単位だったり、一般のサラリーマンだと1万円から3万円の間と聞いたことがあります。

プチボーナスだったり、2回くらいちょっとリッチな食事が楽しめる感じでしょうか。

どんな人がもらえるのか、条件はあるのか?と考えがちですが、こちらも先に書きましたように、サラリーマンで毎月所得税など徴収されている人で、徴収額が年間支払うべき額を超えている場合に還付されます。

 

ヨーダ師匠
条件というよりラインを超えているかいないかの判別だな

まとめ

 

年末調整の還付金で平均はいくら?計算方法は?いつもらえるのかも調査!

まとめると以下の様になりました。

  • 年末調整の還付金で平均はいくら?→個人で違うので一概には言えないようです。

 

  • 年末調整の還付金の計算方法は?たまに間違っているって本当?→年末調整の仕組みをざっくり紹介させていただきました。間違いは伝達ミスがほとんどのようです。

 

  • 年末調整の還付金はいつもらえるのかも調査!どんな人がもらえるのか?条件はあるのか?→会社によって変わりますがだいたい12月のようです。条件もあげてみました。

 

年末は文字通りいろいろと、「調整」してすっきり年越ししたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。