正月用の蟹で激安通販はどこ?訳ありのカニ5kg入りが人気の理由とは?







正月に実家に美味しいカニを送りたいから、できるだけ安く、たくさん美味しいカニを買う方法はないのかな~。できれば、カニを使った美味しい料理方法もいくつか知りたい。

そんなあなたの疑問や不安にお答えしていきます。

この記事を最後まで読むことで、正月用の蟹で激安の通販はどこなのか?訳ありのカニ5kg入りが人気の理由とは何なのか、口コミ評判も分かるようになります。

では早速「正月用の蟹で激安通販はどこ?」

から解説していきます。

スポンサーリンク

正月用の蟹で激安通販はどこ?

おすすめの4社をご紹介します。

①北国からの贈り物

タラバガニ 訳あり 足 5L 2kg かに カニ 蟹 たらばがに タラバ蟹 たらば蟹 蟹脚 蟹足 2キロ 食べ放題 訳アリ わけあり ギフト 北国からの贈り物 加藤水産 送料無料

②浜海道

送料無料 お徳用 ボイル姿 ズワイガニ 約700g×2尾セット 脚折れ 送料無料市場 (ずわい蟹 割引 わけあり グルメ 鍋 ギフト ズワイ) グルメ かに カニ zuwai2bi

③マルゲン後藤水産

マルゲン後藤水産

↑公式HPで詳細を見てみる

④かに本舗

毎年大人気のカニ本舗!人気の秘密を見てみる

の4社が激安通販では外せない会社です。

中でもマルゲン後藤水産のカニはボリュームが半端ない上に安いので毎年ダントツで1位の人気です。

でも他の3社も負けずに高品質で美味しいカニなので、あとは好みですね。

まずは詳細を各社のHPから見てみてくださいね。

それぞれの会社のリンクを貼っておきますので参考になさってくださいね!

正月用の蟹で訳ありのカニ5kg入りが人気の理由とは?


まず、せっかく激安通販でカニを買うのですから、質の良い美味しいカニ大量に買うべきです。

アミダラ女王
うん、質もだけど量も大事よね!

正月など親戚が多く集まる場面で、予想外に子供が多かったり、家族や親族が増えることはよくあることです。

ビールやお酒は大量に準備していても、料理が足りない・・なんてことにならないようにしておく必要があります。

C3POさん

カニは1kg、2kg、3kg、4kg、5kgと、用途に分けて購入できますが、やはり5kgは必要でしょう。

正月が終わった後も、カニサラダやカニチャーハン、普通にボイルしても食べられるので、しばらくは食べものに困らなくなるでしょうw

そういう事も考えたときに、やはり5kgがおすすめと言えますね( *´艸`)

正月用の蟹の美味しい調理法は?

カニはいろいろな料理法で食べることが出来る最高の食材です。いくつか美味しい食べ方をご紹介します。

茹でがに

「茹でがに=カニをゆでて食べること」はかにの食べ方の中でも定番中の定番ですよね。かにの甘みとほくほく感を思う存分堪能出来る食べ方です。しかし、当然かにの種類によって大きさや形も異なるので茹で方、時間もそれぞれ違います。そこで、カニごとの茹で時間、方法をしっかり確認しておくように注意しましょう。

ゆでる時の塩加減がとても重要です。

タラバガニ ・花咲がに・ズワイガニは約4%の塩分濃度、毛ガニは約3~4%程度(3%は水1リットルに対して塩30グラム、4%は40グラム)をおすすめしています。

また、家庭用の鍋では塩が均一にまわるように、お湯が沸騰してから塩を入れることが、ご家庭での食べ方のポイントです。

【タラバガニのゆで時間目安】
■ 2kg前後: 再度沸騰後 18分程度
■ 3kg前後: 再度沸騰後 20分程度
■ 4kg前後: 再度沸騰後 25分程度

【毛がにのゆで時間目安】
■300g~500g: 再度沸騰後 15分程度
■600g~700g: 再度沸騰後 18分程度
■800g~1Kg : 再度沸騰後 20分程度

【ズワイガニのゆで時間目安】
■300g~500g前後: 再度沸騰後 15分程度
■600g~700g前後: 再度沸騰後 18分程度
■800g~1kg前後 : 再度沸騰後 20分程度

【花咲がにのゆで時間目安】
■300g~500g前後: 再度沸騰後 15分程度
■600g~700g前後: 再度沸騰後 18分程度
■800g~1kg前後 : 再度沸騰後 20分程度

かに鍋

「かに鍋」も、カニを美味しく食べる家での定番の食べ方ですよね。鍋料理は多彩な具材の組み合わせが魅力の一つでしょう。

特にかには濃厚な出汁が出て、マジで美味しいです。鍋の下味を比較的薄味に仕立てると、かにの美味しさを堪能できること間違いなしです。また締めにはカニ雑炊を作る事も魅力ですね。やば、記事を書きながら涎が出てきたw

カニ鍋の調理法は

①:昆布ダシをとる。かに鍋のベースはなんといっても昆布ダシです。 昆布はあらかじめ水に2~3時間はつけておかなければなりません。その後火にかけていきますが、沸騰直前には昆布を鍋から取り出しましょう。

またその最中にアクが出ますが、昆布の場合はうまみ成分なので、そのままにしておいて構いません。もったいないので捨てないようにしましょう。

②:調味料で味を調える。

『鰹ダシ:薄口しょうゆ:みりん=10:1:1』に、塩と酒を少々加えます。これは市販のカニ鍋スープでも十分おいしいですが、成分的にはこの5つの調味料がベストです。鍋を比較的多く楽しむ方は、自分好みの比率を見つけるのも良いですね。アレンジしていくのも楽しみの一つです。

③:野菜を鍋に入れる。

野菜は何でも良いですが、やはり冬の野菜を多く入れるとおいしさが倍増します。その中でも比較的定番の野菜が『白菜/大根/ニンジン』です。 これらは共通して「堅い」という特徴があるので、これ以外の野菜よりも先に鍋に投入して柔らかくしておくのがポイントです。鍋は先に堅い食材を入れて柔らかくしてから、火が通りやすい食材を入れる順番が大事です。

④:かにを優先的に食べる。

メインのかにを長く楽しみたいという気持ちは分かります。でも、鍋に入れたら優先的に食べましょうね!じゃないと、かにからは鍋の中でどんどんうまみ成分が出ています。はやく食べてあげないともったいないです。一番美味しい時に食べましょう!ある程度火通ったら、プリプリの状態で食べましょう。

⑤:かに雑炊でしめる。

やはり最後は『カニ雑炊』でしめるのが定番です!先ほどの短時間のカニ投入でも十分ダシが出ていますので安心してください。

もし、心配ならカニの殻(特に甲羅の部分)を投入し、ダシを搾り取るのも良いでしょう。また、カニ雑炊に向いているのは『冷やご飯』です。その日のために炊いたとしても前もって取り出し、冷やご飯にすることをオススメします。そのほうが上手に雑炊が出来ますよ!

焼きがに

焼きガニはその香りも含め、美味しく食べることができる調理法です。正月に親戚のおじさんと二人で話をしながら、よくカニを焼いていたものですw

会話のネタにもなるし、交流を深める絶好のチャンスでもあります。炭火で焼くのもよし、家庭用のコンロで焼くのも良いでしょう。胴体部に一杯詰まった、カニミソを少し付けて焼くとより一層「香とコク」が味わえて、満足感を感じることが出来るでしょう。

焼きがにのおいしい食べ方をご紹介

①:かにを 「半むき」にする

かにを食べやすく「半むき」に切り、網の上にのせましょう。

②:好みの焼き方で焼いていきます。網の上か魚焼きグリルで強火が焼くのが定番ですが、「ホットプレート」でじっくり香ばしく焼くのも通の食べ方です。火の通し方にも好みがありますからね。生冷凍のカニの場合は、食べる分だけをビニール袋に入れ、冷蔵庫でじっくり解凍するか、流水で半解凍してから、じっくり焼くのが良いです。ボイル済みのカニの場合は、5分~10分程度、軽くあぶる程度で十分です。殻に黒い焼き色が少しつく程度が焼き終わりのサインになるので見逃さないようにしましょうw

③:すだち、レモン汁を添える。

あとはお好みで、すだち、またはレモン汁を添える。しょうゆをたらすのもアリです。というかマストですw

まとめ

このように色々な楽しみ方ができるので、是非激安通販で購入したカニを親戚でワイワイ食べてみてくださいね!

以上最後まで読んでいただきありがとうございました!