忘年会の挨拶は短くて面白いものが吉!基本的な例や気の利いた一言をご紹介!







1年を締めくくるイベント忘年会。

会社などの忘年会の席では、一言挨拶をお願いされることがあるかと思います。

「どんなことを話せばいいのかな?」、「挨拶を任されたらどうしよう?」なんて、悩みもでてきますよね?

今回は、忘年会の挨拶など、場面に合わせて役立つ挨拶のポイントをご紹介したいと思います。

特に忘年会で挨拶を任される方には参考になるのではないかと思いますので是非読んでみてくださいね!

スポンサーリンク

忘年会の挨拶は短くて面白いのが良い理由は?

忘年会の挨拶は、ポイントを押さえて簡潔的にしましょう。

長すぎると場の雰囲気が盛り下がってしまうので、短めに話をし、普段話すような口調で挨拶すると楽しい会になるのではないでしょうか。また、その時の人気の芸人さんをマネするのも良いですし、笑いを少し入れるだけで和やかなムードになりますよ。まずは気分的に、楽しくお酒を飲みたいなと思って気軽に構えながらするのがおススメです。

短くてまとめた方が良い理由は?

忘年会でのあいさつとは言え、これから、お酒を飲もうというタイミングなので、場を盛り上げたいですよね。

乾杯前の挨拶では特に、長々話してしまうと乾杯用のビールの泡が消えてしまったり、始まる前から興ざめしてしまったりするので、「端的」な挨拶が大切です。

ただ、中身のない、短すぎるのもよくないです。

詳しく見ていきましょう。

ダラダラと長い挨拶が嫌われる理由は?

せっかくの忘年会なのにダラダラとした挨拶になってしまい、場の雰囲気が下がってしまうのは嫌ですよね・・・。

あまりにも長いと話が耳に入ってこないだけではなく、美味しいご飯も冷めてしまいます。どうしても言いたいことがあれば、違う機会に話すようにしてくださいね。自己満足になってしまわないようにするのが大切です。

C3POさん
思い出してみてください。小学校の校長先生の、夏休み前の最後の挨拶を・・あの長さったら半端なかったですよね。こっちは早く帰って外に遊びに行きたいのに・・・なんて思っていました。

おっと本題から少しズレましたが、とにかく長い挨拶は嫌われるよって話ですね。

忘年会の挨拶での基本的な例文をご紹介!

  • 例文1

「皆さん、今年は本当にお疲れさまでした。今年は、当社にとって厳しい一年でしたが、皆さんの頑張りのおかげでなんとか目標を達成することができました。来年もまた厳しい一年になると思いますが、一致団結して頑張っていきましょう。今日は仕事のことは忘れて、大いに飲んで食べて楽しみましょう。それでは、乾杯!」

  • 例文2

「皆さん、今年もお疲れさまでした。今年は逆風が大きく、大変な一年でしたが皆さんは本当に頑張って満足な結果を出すことはできませんでしたがこの悔しさを忘れず、来年は大きな結果を出せるように皆さんと力を合わせて頑張りたいと思います。今日は時間の許す限り、楽しんで日頃の疲れを癒してください。それでは、乾杯!」

  • 例文3

「皆さん、今年一年間、お疲れさまでした。今年は〇〇などあり大変でしたが皆さんの力で乗り切れました。来年も皆で力を合わせ、社を盛り立てていただけるようお願いします。今夜は仕事のことも忘れて、大いに楽しんでください。」

いかがですか?

例文3つともに共通しているのは

①努力や苦難に対して、「分かっているよ」という共感

②社員皆への感謝

③また頑張ろうというエール

④今日は飲んで食べて楽しもう!という言葉

ですね。

さらっと言っていますがどれもとても大事なことです。

 

BB8くん

誰しもが頑張ったことを認めてほしいし、共感や感謝されると嬉しいですよね。また今日は楽しもう!という言葉があることでずいぶんと気が楽になるし、楽しめそうだなという気持ちになります。

普段お堅い上司や先輩の口からこういう挨拶が出ると、その人に対する印象まで明るくなるのでおすすめですね。

 

ツイッターやネットでの失敗談、成功体験

①忘年会の新人挨拶で場を沸かせることに成功したので満足です。

②忘年会の挨拶、無茶ぶりされて失敗してしまった・・・。

③忘年会、乾杯の音頭をとったけど失敗してしまった・・・。でも、ウケたからまあまあだったかな。来年もチャンスがあればシャレのきいた挨拶をしたいな。

などがありました。

成功したにしろ失敗したにしろ、爪痕を残すという意味では全く意味がないわけではないので、挑戦する価値は大いにあると思いますね。

忘年会の挨拶での気の利いた一言をご紹介!新人編

  • 例文1

「今年入社いたしました〇〇課の〇〇です。春に入社してから今日までの8ヶ月間はあっと言う間でした。最初は分からないことだらけで、ミスの連続でしたが、そのたびに周りの諸先輩方が温かくフォローしていただきとても感謝しています。来年からは先輩方の手を煩わすことがないよう、少しでも貢献できるよう頑張って行きたいと思っていたます。これからもよろしくお願いします。」

  • 例文2

「8月に入社いたしました〇〇課の〇〇です。あまりしゃべるのが得意ではないので、今とても緊張しています。前職とは全く違う業務内容のため、最初は戸惑いの連続でしたが周りの皆様にサポートしていただけたおかげで何とか今日までやってこられました。今はまだ仕事を覚えるのに必死という段落ですが、一日でも早く良い結果が残せるよう頑張りたいと思っています。転職組とはいえ、まだまだこの社会では新人です。何かとご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、これからもよろしくお願いします。」

  • 例文3

「今年入社しました新人の〇〇です。3月までは学生だった自分ですが、この約8ヶ月間でだいぶ鍛えられ、少しは社会人らしくなってきたかなと思っています。最初は強面の諸先輩方に囲まれ、内心恐る恐るといった心境だったのですが、意外にもとても優しく指導していただけたおかげで今日までやってこられました。今は、少しでも早く一人前になって皆様に認めていただけるよう努力していきたいと思っています。自分は褒められて伸びるタイプです。これからもどうぞよろしくお願い致します。」

役職者編

  • 例文1

「当社社員の皆様、今年も一年お疲れさまでした。本日、挨拶をさせていただく〇〇部〇〇でございます。本日は、今までの疲れを癒すべく、楽しく食べて飲んで、来年に向けて英気を養いましょう。来年の我が社の発展と皆様のご健勝を願って乾杯!」

  • 例文2

「皆さん、今年も一年間、我が社も逆風にさらせれた時期がございました。しかしながら、皆さんのご尽力により、困難な課題も乗り切ることができました。本当にありがとうございます。来年も全員一丸となり、さまざまな課題に取り組んでまいりましょう。本日は、幹事の〇〇君が素敵な店を手配してくれました。ぜひ、仕事のことは脇に置き、今夜は、楽しいひとときを過ごしてください。」

  • 例文3

「皆さん、今年一年、本当にお疲れさまでした。業界に吹いた逆風により、我が社も一時期は厳しい局面に立たされました。結果的には、目標達成には至らず、残念な思いで年の瀬を迎えることになりました。しかしながら意気消沈せず、来年は必ず状況を挽回させましょう。今日は反省会ではなく忘年会ですので、ぜひ食べて飲んで楽しんでください。」

まとめ

もうじき、忘年会の季節がやってきますね。

忘年会の挨拶は、規模や立場、雰囲気に合わせて行ってくださいね。

事前に挨拶をするのが決まっているなら、セリフを練習するといいかもしれませんね。

楽しい飲み会の場でもありますが、はめを外しすぎずに、日頃の英気を養ってくださいね。

この記事が皆さんの参考になれば幸いです。以上最後まで読んでいただきありがとうございました!