3歳でひらがなが書けるのは常識?誰でも出来るドリルを使った教え方は?







最近、もうすぐ3歳になる我が家の娘がよく「絵本を読んで~」と言ってきます。

彼女はまだ文字は読めないのですが、たまに「これ何?」と聞いてくるので、ひらがなに興味を持ち始めてはいるようです。そこで気になるのが、「3歳でひらがなが書けるのは早いのか遅いのか」です。

我が家ではまだ何も教えていないのですが、来年から幼稚園に行くので、周りの子と比べられたりしたときに、すでにひらがなの読み書きができる子も当然いるのではないかな~と思いました。

そこで

3歳でひらがなが書けるのは常識?

誰でも出来るドリルを使った教え方は?

について調査してみました!

スポンサーリンク

3歳でひらがなが書けるのは常識?

少し私の焦りもあり、周りの子はどうなんだろうと思っていましたが・・調べてみると、「3歳でひらがなが書けるのは常識ではない」様です。

個人差があり、早い子であれば書けますが、そうではない子も多い様で安心しました。

私と同様の悩みを抱えていて、ヤフー知恵袋で質問していた方がいらっしゃったのでその事例をご紹介します。

質問:3歳の時って、ひらがなで名前書けるのが普通ですか?

回答:普通ではないし焦る必要はないです。

いえいえ・・・ひらがなは所詮小学校で習う課題です。
子供は興味を持てば遊び感覚でいくらでも覚えますので、3歳で書けないからと言って落ち込む必要などありません。
年少入園などであれば、ひらがなが読めない子はたくさんいます。
だからこそ、持ち物に自分マークをつけて注意を促す幼稚園もあるのです。

との事。

子どもにひらがなを教える年齢の目安は?

調べてみると、ひらがなを教える年齢は以下が目安になる様です。
早すぎるのも、遅すぎるのも、あまりオススメできません。

・女の子の場合は4~5歳
・男の子の場合は幼稚園の年長さんの時

子供にいつからひらがなを教え、練習を始めさせるか・・・。
これは、教育者によって考え方が大きく分かれていますが、大体、これくらいの時期に子ども達はひらがなに興味を持ち始めるのでそのころに教えるのが

一番良いみたいですね。

なるほど~、てか、自分マークなるものもあるんですね。

自分マークとはなんぞや?

ここで気になったのが、持ち物につける「自分マーク」とは何だろう?という事です。

調べてみるとこの「自分マーク」というのは、まだ字がわからない子でも自分の下駄箱やロッカーがわかるようにするための「目印」ってことみたいですね。

この子はカニのマークみたいですね。確かに他の子とマークがかぶらなければ、すぐに自分のものだとわかりますね。

我が子にも何か作ったほうが良いのかなぁ?新たな悩みが発生してしまったwww

こんなのも見つけました。「アジサイ」かぁ・・・

確かに、あまり人と被らないほうが良いし、でもあまり独創的なものにしても浮いちゃうよなぁ( *´艸`)

3歳でひらがなが書けるようになるための、誰でも出来るドリルを使った教え方は?

ひらがなの練習や教え方には2つのポイントがある

子供にひらがなを練習させる時には大切なポイントが2つあります。

①まずは読みから教えていくようにしよう

ひらがなを教える際には、「ひらがなを読むのも、書くのも両方を同時に教えていく」というのではなく、先にひらがなの読みを教えると良いでしょう。

そもそも読めないものは、書けないのでw、読みと書きを同時に学ぶのはお子さんにとっては負担が大きいです。

おそらく、先に読みを教えておかないと教えるのも大変になります。

普段から周りにあるひらがなを見つけたら、子どもと一緒に読んであげてください。

電車の中吊り広告とか、看板とか、標識とか、いくらでもありますよね。こうしたものに何度も接触して読むうちに、お子さんが自然と覚えていきます。

そして、一通り読むことができるようになればひらがなの練習帳やドリルなどを使って、自分で書かせるようにしてみます。

②筆圧を強くすることを意識する

昔は、子ども達みんなが使っていた鉛筆はHBが一般的でした。
しかし、現代ではBか2Bを使っている子が多いそうです。
これは、「今の子は昔の子に比べて筆圧が低下してきている」ということを意味しています。

指先は脳につながっていると言われ、筆圧が弱いと脳も刺激されず、思考力が弱くなってしまうそうです。

なるほど、だから私は思考力が弱いのね~(筆圧が弱いww)、妙に納得したわw

話が逸れましたが、子どもにしっかりとした筆圧をつけることが、脳を鍛えるのに役立ちますから、ひらがなを練習させる際には筆圧を意識するようにしてください。

小さな子供は、鉛筆を持った際に「横に動かすこと」ばかりを意識する傾向があります。
なので筆圧を意識して強く書くことを教え、習慣化させてあげてください。

楽天ブックスで見つけた、おすすめの人気ドリルは?

日本一楽しいひらがなドリル うんこひらがなドリル [ 文響社(編集) ]

【バーゲン本】はじめてのひらがなー知育ドリル (知育ドリル) [ わだ ことみ ]

トミカプラレールやさしいひらがな (はじめてドリル)

などがあるみたいです。

↓でくわしくそれぞれ見ていきましょう。

日本一楽しいひらがなドリル うんこひらがなドリルとは

「うんこ例文」一例

【あ】
1ありの うんこ 【名詞】
2あおい うんこ 【形容詞】
3うんこが あるく 【動詞】

のような感じで、「うんこ」をテーマにしていて、子どもは楽しみながらひらがなの勉強ができるものです。

「うんこ」という単語は、大人は嫌がるかもしれません。
しかし、子どもにとっては気持ちが盛り上がる言葉であり、
口にするだけで楽しくなる魔法のような言葉なのです。

チューバッカ
やはり、やる気を出して自分から勉強してもらうためには多少の「うんこ」発言にも目をつむる必要がありそうですねw

うんこひらがなドリルについて詳しく見てみる

はじめてのひらがなー知育ドリルとは

遊びながら少しずつ「ひらがな」の練習ができます。対象は2・3・4歳。初めて鉛筆を持って、使い方の練習からスタートします。簡単なゲームやお絵かきをしながら、一冊を終えるころには、全てのひらがなを練習できます。

レビューをご紹介

孫に購入。
楽しんですぐに書き終わってしまったようです。

ドリルになっているこの本は、勝手にいたずら書きするにも、良いと思います。一応、勉強にもなりますねえ。

などのレビューがありました。

ヨーダ師匠
こちらはバーゲン品で、値段も486円と格安です。どうせ落書き帳になるからあまりお金を掛けたくないwという人にはコチラがおすすめかもしれませんね。

はじめてのひらがなー知育ドリルを詳しく見てみる

トミカプラレールやさしいひらがなとは

2、3、4歳児のための初めてのおけいこドリルシリーズです。大人気のトミカやプラレールと一緒にひらがなの形や、運筆を覚えることができます。ひらがなが身近になる知育DVD、あいうえお身長計なども付いています。男の子には、コレがおすすめでしょうね。

レビューをご紹介

ひらがなを書く練習をみっちりするというより、親しみを持つといった感じかな。
書く欄は少なめ、迷路もあり、ハサミで切ってノリで貼り工作のページもあります。
子どもに大好評なのはDVDです。
ひらがなのうたもあり、トミカがたくさん写ってるので兄弟でみるにはピッタリです。
同じような商品を探してますがなかなか見つからないで困ってるくらい。

C3POさん
うーん、なかなかの高評価ですね!

トミカプラレールやさしいひらがなで男の子の反応を詳しく見てみる

最後に

いかがでしたか?

今回は「3歳でひらがなが書けるのは常識?誰でも出来るドリルを使った教え方は?」と題してお送りしました。

我が子に急いでひらがなを勉強させなきゃ!と焦っていたのですが、少し冷静になれました。

そして今後は普段からひらがなの読み方に触れさせて、少しずつ慣れさせていきます。

そのうえでドリルを使ったりしてひらがなを教えていく際には、筆圧を意識してトレーニングさせようと思いました。

私と同じ悩みや焦りを抱えている人の助けになれれば幸いです。

以上最後まで読んでいただきありがとうございました!