玉城デニー(沖縄県知事)の本名は?安室奈美恵との関係やスキャンダルを調査







こんばんは。

沖縄県知事選で、玉城デニー氏が当選確実となりましたね。

米軍基地問題や、オスプレイ問題など様々な問題を抱える沖縄で、知事になった玉城氏には

いろいろな黒い噂やデマ情報なども飛び交っています。

気になったので少し調べてみました。

スポンサーリンク

玉城デニー(沖縄県知事)の本名は?

本名は玉城 康裕(たまき やすひろ)さんです。

玉城デニーという名前は、芸能タレント活動をしていた時の芸名なのだそうです。

芸名のほうが認知度も高いし、人に覚えてもらいやすいでしょうから使っていたのかもしれませんね!

玉城デニー(沖縄県知事)の安室奈美恵さんとの関係は?

玉城氏と安室 奈美恵さんとの間に個人的なかかわりはありません。

選挙中の報道では・・・

①選挙中に玉城デニー氏の陣営の方が、「安室奈美恵さんがあたかも玉城氏を応援しているかのような

表現」をした

②ポスターを無許可で使用した

③安室奈美恵さんの曲「HERO」を流しながら街中を走っていた軽自動車(玉城氏陣営の選挙カー)もあった

と報道されました。

ただし実際のところは・・・

①安室 奈美恵さんが個人的に玉城氏を応援していた事実はない

②玉城氏は勝手に安室さんのポスターを使用したり曲を使って印象操作しようとした事実もない

との事。

選挙の際によくありがちなデマのようですね。

情報弱者の人はすぐにこういうニュースに騙されてしまうので、危険ですね(笑)

玉城デニー(沖縄県知事)のスキャンダルは?

 

上記の通り、選挙の際には玉城氏は特に不正を働いたという事実はないようです。

文春砲でスキャンダルとして挙がっていたのは・・・

週刊文春には、デニー氏の出馬表明と前後して“かつてある女性との不倫関係にあり、隠し子がいる”なる情報が駆け巡ったなどと記載。

ところが「文春」がその女性に電話で確認すると、笑いながら一蹴。

デニー氏側からも「ご指摘の事実は一切ございません」と否定されたそうですW

文春の取材の結果、事実は簡単に特定できるはずで、このネタはガセの可能性が高かったのです。

なのになぜ、こんな怪文書によくあるレベルの話を大きく書いたのか?

「文春の『隠し子』記事は、内調(内閣情報調査室)の仕掛けだと言われていますね。

なにせこの間、デニー氏周りのネガティブ情報が複数出回ってるんですけど、どれも裏が取れないどころか、尻尾すら掴めないようなデマばかり。

文春も、完全に空振りで、逆に取材過程で佐喜真氏のほうの隠し子情報を掴んだ。

でも、普通なら完全に空振りだったデニー氏の話はボツするはずなのに、それをわざわざ疑惑があるみたいに書き

一方、佐喜真氏については、きちんと事実を認めたから評価できるというようなトーンで書いている。

これは、ネタ元に対する忖度でしょう。

新谷(学・前「週刊文春」編集長)さんのころから沖縄ネタは官邸、内調からのリークだといわれていたけど、

今回のネタ元も推して知るべしです」(週刊誌関係者)との事。

オイオイ・・・そんなことして良いんですかねぇ( ゚Д゚)

結論:玉城デニー氏は潔白!何もスキャンダルは無い!

玉城デニー(沖縄県知事)の経歴は?

 

もともとは、学校卒業後、ラジオのパーソナリティや
タレント活動をしていました

ラジオDJをしていたのは、琉球放送
ラジオ『ふれ愛パレット』という番組でした。

政治家デビューは、2002年9月。

地元沖縄県の沖縄市議会議員選挙に初出馬し

無所属ながらトップ当選を果たします。

当時、玉城デニー沖縄県知事候補は、42歳でしたから

脂ののった時期とも言えますね。

イケメンでカッコいい容姿も人気で、
得票数に繋がった面もありそうです。

2005年8月
衆院選出馬を理由に沖縄市議を辞任

2005年9月11日
第44回衆議院議員総選挙に出馬。
民主党からの出馬の影響か、地元沖縄3区での立候補にも関わらず落選

2009年8月30日
第45回衆議院議員総選挙に出馬。前回同様、民主党の推薦で沖縄3区
から出馬し、初当選

2012年12月16日
第46回衆議院議員総選挙に出馬。
日本未来の党の候補者として、沖縄3区から出馬し、小選挙区で落選するも
比例九州ブロックで復活当選

2014年
第47回衆議院議員総選挙に出馬。翁長雄志沖縄県知事が推薦の
「オール沖縄」の候補者として、沖縄3区から出馬し、当選

2017年
第48回衆議院議員総選挙に出馬。無所属で沖縄3区から出馬し、当選

玉城デニー沖縄県知事候補の主義主張

  • 米軍基地の沖縄県外移設および撤廃を支持
  • 総理大臣の靖国神社参拝は認めない
  • 憲法9条の改正には反対

といった立場を取っています!

結果的に玉城さんが当選したということは、この主義主張は沖縄県民の主義主張と一致したということですね!

まとめ

いかがでしたか?

要するに玉城氏は、デマやスキャンダルに苦しみながらも頑張って選挙活動をやり抜き

当選した、「努力の人」だったみたいです。

これからの沖縄の問題解決や沖縄県民の幸せのために力を尽くしてほしいですね!

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。