地下鉄エスカレーター(ローマ)故障の原因や被害状況は?動画で状況を見てみる







2018年10月23日にかなり衝撃的な事故が発生しました。

場所は、イタリアのローマ中心部の地下鉄レプブリカ駅

下りエスカレーターが急に暴走をし、急加速して下っていきました。

映像を観るだけで恐ろしくて震えてしまいます・・

なぜ、地下鉄のエレベーターが暴走したのか?

暴走の原因は何だったのかを調査しました。

スポンサーリンク

地下鉄エスカレーター(ローマ)は故障したのか?

この日は欧州各地で開催されたUEFAチャンピオンズリーグ第3節。

スタディオ・オリンピコではローマ対CSKAモスクワ戦が行われる為

駅にはスタジアムに向かう多くのCSKAファンがいたようです。

今回の暴走事故の被害者はこのスタジアムに向かうファンが多かったのではないかと言われています。

何が起きたか分からない状態、急加速をしたエスカレーターからは

悲鳴が聞こえてきます・・

止まらぬエスカレータの下では、人が重なり合い、悲惨な状況となっています


登りエスカレータの方が手を差し伸べても動けない状況もわかります・・。

 

ぐしゃぐしゃに潰れたエスカレータの痕跡・・

この暴走事故によって、

約20人が負傷した模様。

うち7人が重傷・・

このうち1人のロシア人が足を切断したとの噂がありますが、詳しい情報はまだありません。

けが人の大半はロシア人とみられると地元メディアが報じていたようです。

 

地下鉄エスカレーター(ローマ)故障の原因はなぜ?

なぜ、エスカレーターが暴走をし、
事故に発展したのかについては諸説あるようですが一部を紹介します。

当時の状況・・・

■スタジアムに向かう多くのCSKAファンがいた。
■お酒を飲んで、飛び跳ねる人が目撃されている。
■また、ローマでは7時のラッシュアワーだった。

この3つが分かっています。

事故を目撃した方の話によると、CSKAのファンが『ジャンプ』などの
飛び跳ねる行為を目撃したとの事でした。

以上を踏まえて考えると、エスカレーターの暴走事故の原因は、

この「ジャンプ」の振動によって、安全装置が作動しなくなり、
急加速した、そして暴走エスカレーターを制御できなかったのでは
ないかとも言われています。

 

つまり「人災」だった可能性がありますね・・・

地下鉄エスカレーター(ローマ)故障の被害状況を動画で見てみる

 

中には足の一部を切断してしまった人もいたそうです。

サッカーファンのロシア人が酒に酔ってジャンプしていて、結果的にエスカレーターが故障してケガをしたのであれば

自業自得ですが、そこにはたくさんの人がいたはずですから、当然「無関係なのに巻き込まれた」人も多数いたはずです。

動画にも、訳も分からずに悲鳴を上げながら落ちていく人、それを助けようとする人、

ただただ転げ落ちていく人など様々です。

ただ、今回の事故で20人ほどがケガや重症になっていることからすると、かなり大きな被害だったということが出来そうですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

こういった事故は海外に限らず、日本でも起きる可能性は十分にあります。

日本人はモラルが高いといわれていますので、酒に酔ってエスカレーターでジャンプする人はそんなに多くはいません。

数人がジャンプした程度では壊れない技術の高さも、通常メンテの徹底もされているはずなので、安全面ではローマよりも安全なのではないか?とも思います。

ただ、いつこういう事態に巻き込まれるかもわからないので、常にこういう事態に備えて、歩きスマホやイヤホンで爆音で音楽を聴いていて

周りの異変に気付かなかった何てことにならないように注意しましょうね!