大雨特別警報(札幌)が頻発?冠水・土砂災害・洪水の被害や避難状況は?







道内は10月27日、前線通過の影響で札幌市など道央を中心に大雨が降りました。

札幌市は土砂災害の恐れが高まったとして、中央、豊平、南、各区の5951世帯1万1615人を対象に避難準備・高齢者等避難開始を発令しています。

道内、計18カ所の避難所に午後1時現在、計30人が避難しており、けが人はいないそうですが心配ですね。

てか、最近北海道は踏んだり蹴ったりですよね!

地震や台風、そして今度は大雨ときたもんだ・・・道内の人は疲弊していることでしょうね・・・

気になったので調査してみました。

スポンサーリンク

大雨特別警報(札幌)が頻発?

警報・注意報

札幌市

警報
大雨
注意報
雷、洪水

雨雲レーダー

広い範囲で雨が降っているようですね!

とても心配です。

どこで道路冠水している?

胆振東部地震による液状化で地盤沈下が起きた札幌市清田区では10月27の日早朝、雨水升に落ち葉が詰まり、3カ所で道路が冠水しました。

区の土木センター職員が葉を取り除き、一時的に解消されましたが、午前11時40分現在、路上約100メートル区間で冠水が続いています。

札幌市や道警によると、午後0時半現在、冠水などのため白石区の市道2路線2区間、千歳市などの道道4路線4区間が通行止めになっています。

これとは別に、市内13カ所で道路が冠水したということなのでその被害たるや甚大なものであることが予想されます。

土砂災害の状況は?<土砂災害情報>

土砂災害危険度マップ

土壌に含まれる雨量データをもとに、土砂災害発生の危険度を4段階の色で表示しています。

土砂災害発生の危険度が高まっている地域にお住まいの方は、少しでも安全な場所への早めの避難を心がけてください。

■極めて危険 過去の土砂災害発生時に匹敵する極めて危険な状態。既に土砂災害が発生しているおそれもあります。この状態になる前に避難を完了してください。まだ避難していない場合は直ちに身の安全を確保してください。
■非常に危険 土砂災害がいつ発生してもおかしくない非常に危険な状態。速やかに土砂災害警戒区域・危険箇所などの外の安全な場所へ避難してください。
■警戒 土砂災害への警戒が必要です。避難準備をし、早めの避難を心がけてください。
■注意 土砂災害への注意が必要です。今後の情報に留意してください。

洪水は起きている?

洪水の情報はないようなので大丈夫みたいです。

避難状況は?

下記の地域に、「避難準備」の指示が出ています。

いつでも迅速に避難できるように、準備しといてくださいね!というものです。

「ウチは大丈夫だろう」などとタカをくくらずに、必ず準備して、身の回りの安全を確保して下さいね!

旭ケ丘1~6丁目、円山西町10丁目、界川1~4丁目、双子山1~4丁目、南5条西27丁目、南6条西26~27丁目、南7条西25~26丁目、南8条西26丁目、南9~12条西23丁目、南13条西22~23丁目、南14~16条西19丁目、南17条西18丁目、南18条西17丁目、南19~21条西16丁目、南22~24条西14~15丁目、南25~27条西12~14丁目、南28条西11~13丁目、南29条西12丁目、南30条西10~11丁目、伏見1~5丁目

今後の避難勧告に備えて速やかに避難できるよう準備するとともに、高齢者など避難に時間のかかる方は

開設されている各地の避難所か、丈夫な建物の2階以上で山側から離れた部屋に避難してください。

最後に

北海道内はこのあとも南西部を中心に断続的に雨が降る見込みで、夕方にかけては1時間に30ミリの激しい雨が降る所もありそうです。

特に石狩の中部と南部では大雨による土砂災害にも警戒が必要です。

最新の情報に注意して、避難できるように準備しておいてくださいね!

最後に気象庁のHPで現在の状況を見る

<16:20追記>

避難警報が出ていた北海道ですが、雨が上がって晴れている地域もあるようです。

せっかくの週末ですし、無事でなによりです!